iPhoneで赤外線通信のように連絡先を交換する方法

スポンサードリンク

iPhoneでは、他のスマホでよく見る赤外線通信を行なうことはできません。

しかし『AirDrop』という機能を利用すれば、同様に近くにいる友人と連絡先に登録しているアドレスや写真などを手軽に交換することが可能です。

 

ここではiPhoneで赤外線通信のように連絡先を交換する方法を説明していきます。


スポンサードリンク

AirDropを利用するための準備

AirDropを利用するためには、受信側・送信側のiPhoneそれぞれで下記の準備しておく必要があります。

  • 送信側のiPhoneで、Wi-FiとBluetoothをオンにする
  • 受信側のiPhoneで、AirDrop受信を許可する

 

【送信側のiPhone】

1.コントロールセンターを開く

画面下端から上に向かってスワイプしてください。

コントロールセンター 開く

 

2.Wi-FiとBluetoothをオンにする

※下記【受信側のiPhone】で説明しているAirDropをオンにする方法でもWi-FiとBluetoothをオンにすることは可能です。

160321-0011

 

【受信側のiPhone】

1.『コントロールセンター』を開く

コントロールセンター 開く

 

2.『AirDrop』をタップする

160321-0012

 

3.『すべての人』をタップする

※連絡先に登録している相手と送受信する場合は、『連絡先のみ』でも大丈夫です。

ただし『連絡先のみ』を利用するには、両者ともに「iCloud」にサインインする必要があります。

160321-0013

4.Wi-FiとBluetoothが自動的にオンになります

これで送信側のiPhoneで検出できるようになりました。

160321-0011


スポンサードリンク

AirDropの使い方

【送信側のiPhone】

1.”連絡先”アプリ内で、送信したい連絡先を選択

160321-0014

 

2.『連絡先を送信』をタップする

 

160321-0015

 

3.”タップしてAirDropで共有”の項目に表示されている『相手のiPhone名』をタップする

※共有相手が表示されないときは「受信側のAirDropをオフオンする」「”連絡先のみ”を利用している場合は”すべての人”に切り替える」など試してみてください。

160321-0016

 

4.『送信済み』と表示されます。

160321-0017

 

【受信側のiPhone】

1.『受け入れる』をタップする

160321-0018

 

2.間違っていなければ『保存』をタップする

160321-0019

 

3.連絡先に登録されました

160321-00141

 

最後に

今回は『AirDrop』を利用して近くにいる友人と連絡先を交換する方法を紹介しました。

AirDropを使えば連絡先に登録しているアドレス以外にも、写真やMAPアプリの情報、Safariで閲覧中のサイトなど様々な情報も『共有ボタン』から共有することが可能です。

safari 共有ボタン

慣れれば簡単にデータ共有することができるので、ぜひ利用してみてください。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)