iPhoneでアプリを削除する方法まとめ

スポンサードリンク

iPhoneではAppStoreからダウンロードしたアプリを簡単に削除することができます。

アプリの中にはデータ容量がとても大きいサイズのものも存在していますので、iPhoneの動作が快適になる可能性もあります。

 

ストレージ容量が足りなくなってきたら、圧迫しているアプリは削除しましょう。

ここではiPhoneでアプリを削除する方法まとめをご紹介します。


スポンサードリンク

iPhoneのアプリを削除する方法

1.『ホーム画面』を表示させる

裏ワザ ホーム画面

 

2.どれでも良いのでアプリアイコンをロングタップする

ホーム画面上のすべてのアイコンが”ふるふる”と震えます。

※『3DTouch』搭載機種では強くタップすると、Peekが働きうまく削除モードにならない可能性があります。アイコンに軽く触れるようにしてください。

ホーム画面 アイコン隠す

 

3.削除したいアプリアイコンの『×』をタップする

ホーム画面 アプリアイコン削除

 

4.「”〇〇〇〇”を削除しますか?」と表示されるので『削除』をタップする

ホーム画面 アプリアイコン削除 確認

 

【アプリアイコンが震えない場合】

アプリアイコンをロングタップしてもすべてのアイコンが震えない場合は、ペアレンタルコントロール(機能制限)で制限されている可能性があります。

『設定アプリ』を起動し、『一般』→『機能制限』→機能制限用パスコード入力と進み、『Appの削除』をオンにして下さい。

 

また、一部のアプリアイコンのみ震えない場合は、削除することができないアプリかもしれません。

しかし裏ワザにより非表示することは可能ですのでこちらの記事を参考にして下さい。

関連記事:アプリを削除したいのにバツマークが出ない!

 


スポンサードリンク

アプリ容量を確認しながら削除する

iPhoneのストレージ容量を確保したい場合など、容量の大きいアプリを優先して削除したいこともあるかと思います。

そんなときは設定アプリ内からまとめて削除しましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『ストレージとiCloudの使用状況』をタップする

設定 一般 ストレージとiCloudの使用状況

 

4.”ストレージ”の項目にある『ストレージを管理』をタップする

ストレージを管理

 

5.削除したいアプリを選択する

※右側には、そのアプリ自体の容量とアプリ内データの容量の合計が表示されていますので参考にしましょう。

ストレージ リスト表示

 

6.『Appを削除』をタップする

※確認ダイアログが表示されますので、再度『Appを削除』をタップして下さい。

設定画面 ストレージ Appを削除 twitter

 

”購入済みリスト”からも削除する

上記2つの方法でアプリを削除しても、AppStoreのアップデート画面内にある『購入済み』をタップすると削除したはずのアプリが表示されています。

この購入済み一覧からも削除したい場合は、PC上のiTunesから非表示にしましょう。

※現バージョンでは、iPhone本体から非表示に変更することはできません。

関連記事:AppStoreの購入済みアプリを削除する方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)