iPhoneアプリが待機中のままダウンロードできない時の対処法

スポンサードリンク

アイフォンのアプリをAppStoreからダウンロードしたときに、待機中のまま止まってしまい完了できなくなったことはありませんか?

ほとんどの場合、そのまま放っておいたら少し時間が掛かることはあるものの別の作業をしている間にダウンロードが完了しているはずです。

ただ、いくら待っていても終わらないことが極稀に起こります。

 

ここではアプリが待機中のままでダウンロードが完了できないときの対処法を説明していきます。

 

スポンサードリンク

wi-fiをオフにする

アプリのダウンロードが完了できないときの原因の多くは通信状態が不安定であること。

wi-fiからLTEや3Gへ切り替わるときに、待機中のまま固まることがよく起こります。

※もちろん容量が大きくwi-fi接続中でないとダウンロードできないアプリであった場合は、再度wi-fi環境にならなければそれ以上進むことはありません。

画面上部の表示ではwi-fiに繋がっている状態であっても、不安定な場所だと通信が途切れていることもあるので注意が必要です。

 

こういう場合には、wi-fiを一度オフにしてからオンにしてみましょう。

機内モードをオンオフすることでも改善されることがあります。

 

1.画面下端から上部にスワイプしコントロールパネルを表示させる。

2.『機内モード』『wi-fi』アイコンをそれぞれタップしてオンオフする。

wi-fi環境よりLTEのほうが電波が安定している場所も多いので、容量の小さいアプリならLTEや3G環境で試してみるのもいいかもしれません。
(通信制限には注意してください)


スポンサードリンク

アプリを削除してみる

待機中になったアプリを長押しして×マークが表示されない場合であっても設定から削除することが可能です。

一度該当アプリを削除してから再ダウンロードしてみましょう。

 

1.『設定』→『一般』→『使用状況』と進む。

2.ストレージの項目にある『ストレージを管理』をタップ。

3.一覧から該当アプリを選択し『Appを削除』をタップ。
これで待機中のままのアプリが削除できます。

4.AppStoreからもう一度、該当アプリをダウンロードする。

 

最後に

今回はアプリが待機中のままダウンロードできないときの対処法を紹介しました。

ダウンロードは完了できたでしょうか?

 

購入済み一覧に表示される該当アプリが停止状態になっている場合は、以下の方法で解消できることもあります。

1.『AppStore』を起動してアップデートタブを選択。

2.画面上部の『購入済み』をタップ。

3.そこから該当アプリの右側に表示されるダウンロードアイコンを何度かタップ。

 

一度試してみてください。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)