iPhoneのアプリが勝手に終了してしまうときの対処法

スポンサードリンク

アイフォンでアプリを使っていると、ホームボタンを押していないにも関わらず途中で終了してしまうことが極稀にあります。

同じような症状でも考えられる理由や解決策は様々ありますが、ここではアプリが勝手に終了してしまうときの対処法をいくつか説明していきます。

 

メモリ不足を解消する

アイフォンでは複数のアプリを同時に起動させることはできませんが、一度起動したアプリを次回開いたときに素早く起動させるために終了させたときの状態を記憶しています。

通常ならばメモリの容量が不足してきたときに古いアプリから順にメモリが開放されていくため、意識する必要はありません。

しかし解放がうまくいかないのか、ユーザーが自らアプリを完全終了させないと動作が不安定になることもあります。

今までに起動したアプリをマルチタスク画面から終了してみましょう。

 

スポンサードリンク

まずホームボタンを素早く2回押してマルチタスク画面を呼び出す。

表示されるアプリの画面を上方向にスワイプすると、そのアプリを完全に終了させることができます。

同じようにすべてのアプリを上方向に放り投げて終了させていきましょう。

スクリーンショット 2014-12-31 1.12.25

 

メモリ不足が原因でアプリが強制終了した場合は、これで解消されるはずです。

ちなみにもっと素早くアプリを終了させる方法もあります。

こちらの記事を参考にしてみてください。

複数のアプリを同時に終了させる方法


スポンサードリンク

アプリを再インストールする

アプリのデータが破損しているときに強制終了させれられる場合があります。

一度アプリを削除して再インストールすることで解消される場合もありますので試してみましょう。

 

ホーム画面からアプリアイコンをロングタップする。

該当アプリのアイコン左上に表示される×マークをタップし、『削除』を選択すれば削除完了です。

削除した後、AppStoreからもう一度該当アプリをインストールしましょう。

有料アプリであっても再インストール時に再度料金が発生することはありませんので安心してください。

 

なおFacebookなどサーバーにデータが保存されるアプリは問題ありませんが、アイフォン本体にデータが保存されているアプリの場合はアプリを削除した際にデータも消去されるので注意が必要です。

 

アプリのアップデートを待つ

アプリの再インストールをしても改善されない場合、アプリ特有の不具合であったり新しいiOSに対応していない可能性があります。

その場合はアプリのアップデートを待つしか方法がありません。

アプリの開発者に報告すれば早急に対応してくれるかもしれないので、AppStoreから報告しておきましょう。

 

『AppStore』内で該当アプリの画面を表示させる。

『レビュー』をタップして『Appサポート』をタップすれば、safariが起動して開発者のサイトに飛びますのでそこから報告しておきましょう。

IMG_3234

 

最後に

今回はアプリが勝手に終了するときの対処法を紹介しました。

 

毎回、特定の条件下で発生する場合はアプリ固有の不具合である可能性が高い。

前バージョンのアプリデータをPCやMacに保存していれば、アプリをダウングレードすることで解消できる場合もありますのでオススメです。

アプリをダウングレードする方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)