iPhoneのアプリが強制終了してしまうときの対処法

スポンサードリンク

アイフォンでアプリを使っていると、強制的に終了してしまうことがあります。

アプリ内で特定の操作をしたときに落ちてしまったり、起動時に起こったりと原因は様々です。

 

ここではアプリが強制終了してしまうときの対処法をいくつか説明していきます。

 

不特定な場面で強制終了してしまう場合

ソフトウェアをアップデートする

アイフォンのソフトウェアを確認し最新のものがリリースされていたらアップデートしましょう。

 

『設定』→『一般』→『ソフトウェアアップデート』と進む。

”お使いのソフトウェアは最新です”と表示されない場合は、『ダウンロードしてインストール』をタップしアップデートする。

 
スポンサードリンク

アプリをアップデートする

アプリ自体の不具合や新しいiOSに対応していない可能性があります。

その場合、該当アプリの新しいバージョンで改善されているかもしれません。

利用可能なアップデートを確認してみましょう。

 

AppStoreアプリを起動し、右下の『アップデートタブ』をタップする。

新バージョンがリリースされていたら該当アプリ右側の『アップデート』をタップするか、右上の『すべてのアップデート』をタップする。

 

使っていないアプリを終了させる

アイフォンではアプリを一度起動させると、見えないところで一時停止状態になっています。

通常、ユーザー自ら完全に終了させなくても大丈夫な仕様になっていますが、これが原因でアプリの調子が悪くなることがあります。

一度、すべてのアプリを完全に終了させてみましょう。


スポンサードリンク

ホームボタンをダブルクリックしてマルチタスク画面を呼び出す。

表示されたすべてのアプリを上方向にスワイプして終了させる。

IMG_3366

 

文字入力中に強制終了してしまう場合

文字入力中に決まって強制終了してしまうという場合は、キーボードの変換学習をリセットしてみましょう。

 

『設定』→『一般』→『リセット』と進む。

『キーボードの変換学習をリセット』を選択する。

(ロック画面のパスコードを設定している場合は)パスコードを入力。

『辞書をリセット』をタップすれば、キーボード辞書をデフォルト状態にできます。

IMG_2429

 

safariアプリが強制終了する場合

safariを利用中に強制終了してしまう場合は、履歴やキャッシュを削除することで改善されるかもしれません。

 

『設定』→『safari』と進む。

『履歴とWebサイトデータを消去』をタップし、確認ダイアログから『履歴とデータを削除』をタップする。

IMG_2318

 

メッセージアプリが強制終了する場合

メッセージアプリの起動時に強制終了してしまうという場合は、容量の大きいファイルを添付したメッセージを受信した可能性があります。

メッセージアプリが開けないときの対処法』で詳しく説明していますので、そちらのページを参考にしてください。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)