iPhoneで削除した購入済みアプリを再ダウンロードする方法

スポンサードリンク

アイフォンを快適に利用するには、AppStoreでのアプリのダウンロードが欠かせません。

ダウンロードしてみたものの最近使わなくなったなどの理由で削除することもありますが、そのアプリをもう一度使いたくなったということもあると思います。

 

ここでは削除してしまった購入済みアプリを再ダウンロードする手順を説明していきます。

 

購入したアプリについて

アイフォンでは一度AppStoreでダウンロードしたアプリは、削除してしまってもいつでも再ダウンロードできます。

有料アプリも初回ダウンロード時にもちろん料金は掛かりますが、同じAppleIDを利用している限り『削除→再ダウンロード』を何度繰り返しても新たに料金が発生することはありません。

今までに購入したアプリの情報はAppleIDに紐付けられているため、アイフォン本体を買い替えても大丈夫です。

 
スポンサードリンク

再ダウンロードの方法

アプリ名が分かる場合

『AppStore』のアプリを起動する。

画面下の『検索タブ』を選択し、アプリ名を入力して検索。

該当アプリの右側に表示されている『雲アイコン』をタップすれば、再ダウンロードが開始します。

※後述する購入済み履歴からの方法でも行なえますが、最近ダウンロードしたアプリでない場合は探すのに手間が掛るので検索からがオススメです。

 

名前を忘れてしまったアプリの場合

名前が分からないときは、購入済み履歴から探してみましょう。

 

『AppStore』のアプリを起動する。

下の『アップデートタブ』を選択し、画面上部にある『購入済み』をタップ。

今までに購入したすべてのアプリが一覧で表示されます。

※画面上部の『このiPhone上にない』をタップすれば今現在iPhoneに存在するアプリは含まれず、削除したアプリのみが表示されるので探しやすくなります。

先ほどと同じように該当アプリ右側の『雲アイコン』をタップすれば、再ダウンロードが開始されます。


スポンサードリンク

表示されないアプリの場合

過去に購入したはずなのに購入済み一覧に名前がないアプリは、該当アプリが非表示設定になっている可能性があります。

この場合は非表示設定を解除するか、もしくは検索からダウンロードしましょう。

 

※別のAppleIDで購入した可能性もありますので、IDが間違っていないか確認してみましょう。

 

購入したアプリなのに金額が表示される場合

アプリ名が分かっていて検索からダウンロードしようと思ったが、『雲アイコン』ではなく金額が表示されるという場合も該当アプリが非表示設定になっている可能性があります。

じつは購入した有料アプリを非表示にすると、未購入のときと同じように金額が表示される。

 

【購入済みのアプリ】

IMG_3291

 

【非表示にしたアプリ】

IMG_3290

 

金額が表示されていても本当にそのアプリが以前購入したものなら、そのまま金額部分をタップすれば課金されることなく再ダウンロードできます。

 

ただ別のAppleIDで購入したものであったりアプリ名が似ているだけで別アプリの恐れもありますので、そのままタップするのはあまりオススメしません。

確認のためにも一度購入済み一覧に再表示させてから『雲アイコン』で再ダウンロードするほうがいいと思います。

 

最後に

今回は購入済みのアプリを再ダウンロードする手順を紹介しました。

 

先ほども説明したように、以前有料アプリを購入したときと同じiPhoneでもAppleIDが変わればもう一度料金が発生します。

必ずAppleIDが間違っていないか確認してからダウンロードして下さい。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)