iPhone、タイマー機能でアプリを自動的に終了させる

スポンサードリンク

動画を観ながら寝てしまって、朝目覚めるとバッテリー残量がほとんど残っていなかった!

アイフォンユーザーなら一度や二度はこういう経験があるんじゃないでしょうか。

普通なら『自動ロック』を設定していれば無操作で設定時間を過ぎると勝手にスリープ状態になりますが、動画再生中はスリープになってくれません。

 

しかしアイフォンでは元々インストールされている『時計アプリ』を利用すると、動画閲覧中でも操作・無操作にかかわらず設定時間が経過したら自動的にスリープ状態にすることができます。

ここではタイマー機能でアプリを自動的に終了させる方法を説明していきます。


スポンサードリンク

事前準備

1.『時計アプリ』を起動する

150616-0001

 

2.画面下の『タイマータブ』を選択する

150616-0002

 

3.『タイマー終了時』をタップする

150616-0003

 

4.最下部にある『再生停止』にチェックを入れ『設定』をタップする

150616-0006

※これで事前準備は完了です。


スポンサードリンク

タイマーを開始する

実際にタイマーを使いたいときに以下の手順で開始してください。

1.『時計アプリ』から『タイマータブ』を選択する

150616-0002

 

2.何時間後にスリープ状態にするのか設定する

150616-0005

 

3.『開始』をタップする

150616-0007

 

 4.『時計アプリ』を閉じる

※これで動画閲覧中でも設定時間が経過すると、アラームが鳴ることなくロック画面に切り替わり数秒後にスリープ状態になります。

 

ワンポイント

ロック画面では自動ロックを『しない』に設定していても、きっちりスリープ状態になってくれるので設定変更する必要はありません。

 なお『時計アプリ』をマルチタスク画面から完全に終了してもカウントは続き、設定時間通りにタイマーは作動してくれます。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)