iPhoneでAppleIDパスワードが変更できない時の対処法

スポンサードリンク

AppleIDパスワードは、iPhone本体があればいつでも簡単に変更することができます。

しかし試してみたが変更できないと困っている方もいらっしゃるようです。

ここではiPhoneでAppleIDパスワードが変更できない時の対処法を説明していきます。

 


スポンサードリンク

AppleIDパスワード変更手順

まずはiPhoneからAppleIDパスワードを変更する手順をおさらいしておきます。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『iCloud』をタップする

設定画面 iCloud2

 

3.『アカウント名』をタップする

iCloud アカウント名

 

4.『パスワードとセキュリティ』をタップする

※画面が切り替わるまで時間がかかることがあります。

160211-0005

 

5.『パスワードを変更』をタップする

※2ステップ確認を設定している方は、認証する必要があります。

160211-0006

 

6.現在のパスワードと新規パスワードを入力し『変更』をタップする

※AppleIDやパスワードを忘れた方は下記リンクを参考にして下さい。

関連:AppleIDを忘れた!パスワードも質問も分からない時の対処法

160211-0007

 


スポンサードリンク

AppleIDパスワードが変更できないときは

原因1:登録可能条件を満たしていない

いくつかのルールをすべて満たしていなければ、AppleIDパスワードに登録することができません。

下記条件を確認してください。

  • 8文字以上の文字列にすること
  • 『英大文字』『英小文字』『数字』を
    それぞれ少なくとも1個ずつ入れること
  • 同一文字を3文字以上連続で使用できない
  • AppleIDと同じ文字列は使用できない
  • 過去1年間に使用した文字列は使用できない

昔は『英字』と『数字』だけで登録できましたが、ルール変更により『大文字』『小文字』の両方が必要となりました。

 

原因2:変更時の電波状況が悪い

AppleIDパスワードを変更するためには、Wi-Fiやモバイルデータ通信の環境が必要です。変更途中で画面が進まない場合は電波状況を確認してください。

※アカウント名をタップする段階(手順3)では「アカウントの詳細を利用できません」といったダイアログが表示されますが、その先で電波が届かなくなっても警告されないので注意が必要です。

 

最後に

今回はiPhoneでAppleIDパスワードが変更できない時の対処法を紹介しました。

セキュリティ強化のためにも、パスワードはマメに変更しておきましょう。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)