iPhoneのカメラが使えない(フリーズ)時の対処法!

スポンサードリンク

「iPhoneのカメラが突然フリーズした!」

保証期間はいつまでなのか?

修理に出すといくら掛かるのだろうか?

と不安になってしまいますが、症状によっては修理に出さなくても直るケースもあります。

 

改善できるかもしれない解決方法を簡単なものから順番に説明していきますので試してみてはどうでしょうか。

 

フリーズの原因は?

調べてみると、同じようにカメラアプリが使えなくなったという方がたくさんいるようですが、人によって症状がバラバラです。

わたしの場合は、アプリ起動直後に画面が真っ暗になりフリーズし、ホームボタン以外は操作できませんでした。

起動するとすぐホーム画面に戻るケースやシャッターを押した瞬間にフリーズするケースなどもあるようです。

 

原因に関しても様々なものが考えられます。

  • メモリ不足
  • カメラアプリの不具合
  • iPhoneのソフトウェア「iOS」の不具合
  • カメラレンズの故障

どの原因なのかを特定するのは難しいので、難しく考えずに1つずつ試していきましょう

 

スポンサードリンク

原因別の対処法

原因1:メモリ不足

一度起動したアプリは、そのアプリの情報をメモリが一時的に記憶しています。

アプリを使い終わった際にホームボタンを押しただけでは、本当はまだメモリが使われている状態だということ。

 

ホームボタンを2回素早く押すと、”マルチタスク画面”に切り替わり起動中のアプリが表示されます。

カメラも含めすべてのアプリを上方にスワイプし終了してみましょう。

マルチタスク アプリ 終了

 

それでも改善されない場合は、アイフォンの再起動を行なってみましょう。

アイフォンを使っていると、動作が不安定になることがあります。

カメラアプリに限らず、操作のたびに動作がもたつく場合にも効果的。

 

やり方は、まずスリープボタンを長押し。

スライダーバーを右にスライドすると数秒後にアイフォンの電源が落ちます。

再度、スリープボタンを長押しして起動しましょう。

 

スポンサードリンク

原因2:カメラアプリの不具合

App Storeには無料で使えるカメラアプリがたくさんリリースされてます。

それをダウンロードして使ってみれば、元々インストールされているカメラアプリが原因なのか判断できます。

 

問題なく使えるのなら、カメラやアイフォンなどハードの故障ではないということです。

別アプリをそのまま使うのも手ですね。

 

それでも元々のアプリが良いという方は、アイフォンを工場出荷状態へ戻してみよう。

その際はくれぐれもバックアップを忘れずに。

復元の方法はこちらを参考にしてください。

アップルサポート

 

原因3:『iOS』の不具合

アイフォンのソフトウェア『iOS』が最新のものになっているでしょうか?

iOSをバージョンアップすることで改善されていることもあります。一度確認し、アップデートしましょう。

 

『設定アプリ』→『一般』→『ソフトウェアアップデート』をタップ。

新しいバージョンがあればここから出来ます。

 

原因4:レンズの故障

4以降のアイフォンには全面と背面の2ヵ所にカメラレンズが搭載されていますが、それを切り替えた途端にフリーズする方もおられるようです。

片方のレンズが故障しただけでアプリ自体起動しないケースもあるようなので、先ほどアイフォンを復元しても改善されなかった方は残念ながら修理行きということになりそうです。

Appleの保証期間が残っているのか分からないときは、下記リンクをご覧ください。

関連:保証期間が残っているか調べる方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)