iPhone6の水没マーク(液体侵入インジケータ)の場所は?

スポンサードリンク

「iPhone6、iPhone6Plusの液体侵入インジケータはどこに付いているの?」

と疑問に思っている方が多いようです。

 

ここではiPhone6、iPhone6Plusやそれ以前の製品の液体侵入インジケータの場所を紹介します。

 

液体侵入インジケータとは?

液体侵入インジケータ(LCI)というのは、アイフォンの故障原因が水または水を含む液体によるものなのかを判断するために内蔵されているもので、水没マーク水没センサー、水没判定シールなどと呼ばれることもあります。 

白いシートのような部分で、水に濡れると赤く変色しiPhone内に液体が侵入したのかが分かります。

なお一度濡れて赤くなったインジケータは乾かしても元に戻りません。

基本的に水濡れによる損傷の修理は1年以内であってもAppleの保証対象外となりますし、ほとんどのお店で買取りや下取りをしてもらえなくなります。

 

製品仕様で定めている動作湿度範囲内および動作温度範囲内の環境変化によってLCIが反応することはありませんとの記述があり、その動作環境は次のとおり・・・

  • 動作時環境温度:0°〜35°C
  • 保管時(非動作時)温度:-20°〜45°C
  • 相対湿度:5%〜95%(結露しないこと)
  • 動作高度:3,048mまでテスト済み

 

ただアイフォン本体ごと水の中に落とした場合だけではなく、ポケットに入れたまま雨に濡れたり汗をかいたことで反応したという報告もあるので注意が必要です。


スポンサードリンク

各製品の液体侵入インジケータの場所

iPhone6・iPhone6Plusの場所

SIMカードトレイの中にあります。

NanoSIMカードを取り出して確認して下さい。

過去のアイフォンでは丸い形状でしたが、iPhone6になり形が変わったので少し分かりにくくなっています。

iphone6

 

iPhone5・iPhone5c・iPhone5sの場所

こちらもSIMカードトレイの中にあります。

NanoSIMカードを取り出してから確認して下さい。

iphone5

 

iPhone4・iPhone4sの場所

イヤホンジャック内とDockコネクタ内の2ヶ所にあります。

Iphone 4 Activated

 

iPhone3G・iPhone3GSの場所

iPhone4同様、イヤホンジャック内とDockコネクタ内の2ヶ所にあります。

iphone3GS

 
スポンサードリンク

最後に

今回はこれまでに発売されているアイフォンの液体侵入インジケータの場所を紹介しました。

iPhone5からインジケータの場所がSIMカードトレイ内に移動したことで変色しにくくなりましたが、それでも汗などで変色することはあり得ます。

アイフォンを携帯するときにはなるべく濡れないように注意しましょう。

 

万が一、完全に水没してしまったときはiPhone水没対策キットを利用して乾燥させるのがおすすめです。

約1000円ほどで販売されていますので、いざという時のために購入しておくほうが良いかもしれません。

>自分で修理.com

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)