iPhoneのSafariでサイト閲覧履歴を消去する時に注意すべき事!

スポンサードリンク

アイフォンのSafariで様々なサイトを訪問していると思いますが、エロサイトを閲覧したときにその痕跡をなくすため閲覧履歴を消去することがありますよね。

でも履歴を消去する際に気を付けるべき注意点があるのをご存知ですか?

履歴消去

人前でSafariの画面を見せていてふと閲覧履歴を表示したとき、その履歴の中にマズいサイトがあるのを見られて恥ずかしい思いをした・・・
という方も多いはず。

それに親のアイフォンを借りたときに、こっそり怪しいサイトを閲覧したことがバレちゃうとまずいことになります。

 

ここではsafariの閲覧履歴を消去するときに注意するべき事を説明していきます。

 

スポンサードリンク

注意その1・閲覧履歴

Safariの画面下部の右から2番目のアイコンをタップし、「履歴」表示画面で右下の「消去」をタップして削除しましょう。

※なお閲覧履歴の削除は、こちらの方法でも同様にできます。

「設定アプリ」→「Safari」→「履歴を消去」

 

重要

このとき、各タブの最後に閲覧したままになっているページ自体は消去されていないことに注意しましょう!

履歴消去2

 

しかし閲覧履歴を消去してもまだ安心できません。

 

注意その2・検索履歴

注意しなければならないのは、検索履歴も消去しておかないとどういったキーワードで検索をかけたのかが分かってしまうこと。

検索窓をタップすると、検索履歴が下に伸びたタブに新しいものから3つ表示されてしまいます。

そのタブの一番下にある「履歴をクリア」をタップし「OK」を選ぶと、表示されている3つが消去されどんどん古いキーワードが表示されていくことに。

つまりかなり前に検索したキーワードも残っているわけです。

 

何度も「履歴をクリア」を押していっても構わないんですが、もっと簡単に一括で消去する方法があります。

「設定アプリ」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」をタップすると、検索履歴がすべてクリアされます。

なおかつ開いたままの状態になっている複数のタブもすべて閉じられるので安心ですね。


スポンサードリンク

注意その3・キーボードの変換学習

最後に注意すべき点が、キーボードの変換学習を削除すること。

 

文字を入力するときに予測変換の候補が表示されるタブに今まで入力した履歴が残っているアレです。

これを忘れると、思わぬところから足がつくことがありますので要注意!

 

こちらは、「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」をタップし、パスコードを入力することで消去できます。

 

まとめ

ダラダラと書いてちょっと分かりにくくなったので、マズいサイトを観たときにすべきことを最後にまとめておきます。

  1. 「設定アプリ」→「Safari」→「履歴を消去」
  2. 「設定アプリ」→「Safari」→「Cookieとデータを消去」
  3. 「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」

 

以上、この3つを行えばどんなサイトを観たのかがバレることはありません。

お疲れ様でした。

 

※ここでは残ってしまった履歴を完全に消去する方法を説明してきましたが、もっと簡単に閲覧の痕跡を残さないプライベートブラウズという機能もあります。

プライベートブラウズに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

safariで閲覧履歴を残さない方法!

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)