iPhoneX、FaceIDの登録手順・初期設定&注意事項まとめ


Face IDとは

iPhone Xはホームボタンが廃止されたことでこれまでの指紋認証システム“Touch ID”から、フロントカメラと各種センサーを組み合わせた顔認証システムである”Face ID”が採用されました。

ロック解除やアプリの購入、Apple Payでの認証などもFace IDで行うことになります。

 

ここではFace IDの登録から、関連した設定項目やロック解除の動作について説明させていただきます。

FaceIDを使用するにあたり注意するべき事項もございますので参考にして下さい。

 

 

FaceIDの登録手順

iPhone X購入後の初回セットアップの途中、もしくはそれをスキップした場合は「設定」画面より「Face IDとパスコード」を選択して登録作業を開始します。

 

画面下部の「開始」をクリックし、ユーザーデータの登録認証作業を開始します。

 

フロントカメラで撮影されているユーザーの顔の周囲に、コンパス画面のような白いバーが円形に並んでいます。

画面の支持に従い円を描くように顔を動かすと認証の済んだ部分からバーは緑色に変化し、全ての認証が済んだ段階で登録作業は完了となります。

 

ユーザーは画面の指示にしたがい、顔の向きを変えながら動かすだけで、特別な操作は必要ありません。

Touch IDでは「指でタッチ」で登録した後に「グリップを調整」という2段階の方法で登録する必要がありましたが、Face IDでは顔を近づける・離す、や、指定した顔の角度に変える、などの追加の動作は必要ありません。

 

 

Face ID関連の初期設定(「設定」画面内での項目)

Face IDを新たに登録する、設定を変更する場合も「設定」画面より「Face IDとパスコード」を選択して行います。

 

選択後、パスコードを入力し、Face IDとパスコードの設定画面へと移ります。

 

FaceIDに関する設定項目の内、画面上段の「Face IDを使用」の部分は、Touch ID搭載機での登録画面と大きく変わるところはありません。

Face ID搭載機であるiPhone X特有の設定項目として赤枠の「注視:Face IDを使用するには注視が必要」があります。

 

ここをOFFにすると色の濃いサングラスをかけている場合などでの認証精度が向上するなど一見、使い勝手が向上するようにも感じます。

しかしながら、ユーザーがしっかりとiPhone Xを見ていない状態でもFace IDによるロック解除を行えるという事は、例えばユーザーが寝ている間にその寝顔にiPhone Xを向けて気づかぬうちに他の人がロック解除を行えるなどの危険性も増加します。

ですので、特別な事情がなければONのままで使用することをおすすめします。

 

FaceIDの実際の動作

Face IDの登録が終了したところで実際のロック解除やアプリでの解除動作を見てみたいと思います。

ロック状態では画面上部の鍵マークのようにロックされています。

 

ロックされている状態でiPhone Xを注視すると鍵マークはロックが解除されたアイコンに変わりました。

この状態になると画面下部に「上にスワイプして開く」が表示されますので、指示の通り画面の最下部から上にスワイプするとホーム画面が表示されます。

 

FaceID対応アプリ内での動作

次に、Face IDに対応したアプリでのロック解除の動作をご説明します。

対応したアプリを立ち上げると画像のようにFaceマークの周囲の水色のループ状のアニメーションが回転しながら認証作業が行われます。

 

登録されたユーザーであると認証されるとFaceマークは写真のように変化し、ロックが解除されます。

 

※今回、参考に用いたアプリである1Passwordの場合は、設定画面の赤枠でマークした「Face ID」をONにすることでFace IDでのロック解除に対応します。

各アプリ内でFaceIDに関する設定の有無をご確認下さい。

 

スリープ解除の設定

スリープ解除の設定としてはこれまでのiPhone 7などと同様に、「設定アプリ」から「画面表示と明るさ」→「手前に傾けてスリープ解除」を選択し、ほぼ持ち上げるだけでロック解除画面を表示することが可能です。

 

また、「一般」→「アクセシビリティ」で「タップしてスリープ解除」も選択可能です。

 

Touch IDを搭載したiPhoneではホームボタンに触れてロック解除し、すぐにホーム画面を表示することが可能でしたが、iPhone Xではロック解除後に上にスワイプする操作が必要になります。

また、車載マウントやクレードルに設置した状態でロック画面を表示するためには右サイドのスリープボタンを押す必要があるため、それよりも「タップしてスリープ解除(画面をタップすることでスリープ解除)」を選択しておいた方が操作は簡単になるように感じました。

 

FaceIDの認識精度について

筆者は普段、メガネを愛用していますのでメガネを掛けたままFace IDの登録作業を行いました。

しかし、登録から2,3日間は特に夜間のベッドなど暗い場所でメガネを外した状態では認証されないことがありました。

 

アップルのアナウンスでは、登録したユーザーが後でメガネやサングラスを掛けても認証するという事ですのでメガネを外して登録したほうが良いのかもしれません。

※ちなみに登録から10日間が経過した頃には、その後の学習効果が現れたのか同じ状況でも問題なく認識し、ロック解除しています。

 

最後に

Face IDはスリープからの復帰においてロック解除後すぐにホーム画面を表示させることが出来ない、Touch IDで裏技的に可能だった家族の指紋を登録するなど複数ユーザーに対応するというようなことは出来ません。

しかしながら認証速度は速く、また、学習効果で認識精度も上がっていくなど新たな利点もあります。

iOSのアップデートにて更に進化し、改善される部分もでてくると思いますので今後にも期待したいと思います。

 


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)