iPhoneの画面が暗いまま明るくならない時の対処法

スポンサードリンク

iPhoneでは設定アプリ内やコントロールセンターから、いつでも画面の明るさを調節することができます。

しかし調節バーを一番明るいところに持って行っても明るくならない、明るさが足りないと困っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

ここではiPhoneの画面が暗いまま明るくならない時の対処法を説明していきます。


スポンサードリンク

自動調節をチェック

iPhoneには周りの明るさを感知して、画面の明るさを自動調節する機能が備わっています。

暗い場所では明るさ調節を最大まで上げても思ったほど明るくなりません。

明るさが足りないと感じる場合はオフにしておきましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『画面表示と明るさ』をタップする

設定アプリ 画面表示と明るさ

 

3.『明るさの自動調節』をオフにする

160907-0003

 

Night Shift設定をチェック

画面が暗いというよりも黄色っぽい、普段と少し色が違って見づらいと感じる場合は、Night Shiftの設定を確認してみましょう。

ちなみにNight Shiftというのは、iPhoneが発するブルーライトを軽減させる機能です。

1.『設定アプリ』から『画面表示と明るさ』に進む

設定アプリ 画面表示と明るさ

 

2.『Night Shift』をタップする

160323-0001

 

3.『時間指定』と『手動で明日まで有効にする』の2項目をオフにする

160907-0004

 

※Night Shiftはコントロールセンターからもオフにすることができますが、時間指定がオンのままだと設定された時間に再びNight Shiftモードに切り替わりますので、設定アプリから2項目ともオフにしておきましょう。


スポンサードリンク

ズーム設定をチェック

iPhoneでは『画面表示と明るさ』の設定以外にも照度に関する設定が存在します。

こちらの設定が有効になっていると、明るさ調節を最大にしても充分な明るさになりません。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『アクセシビリティ』をタップする

アクセシビリティ

 

4.『ズーム機能』をタップする

アクセシビリティ ズーム機能

 

5.『ズームフィルタ』をタップする

160907-0005

 

6.『なし』にチェックマークを入れる

160907-0006

 

最後に

今回はiPhoneの画面が暗いまま明るくならない時の対処法を紹介しました。

動画を長時間閲覧していた、負荷の高いゲームアプリをプレイしていたなどでiPhone本体が熱くなっている場合は、本体を保護するために照度が下がっている可能性があります。

その場合は、

  • 操作をやめる
  • iPhoneカバーを取り外す
  • 風通しの良い場所に置く

などして本体温度を下げると元に戻ります。

 

 

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

まだ間に合う! 7&7Plus在庫あり

おとくケータイ.net

※キャッシュバックがありがたい

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)