iPhone、Googleフォトの容量がいっぱいになった時の対処法

スポンサードリンク

アイフォン本体の空き容量を増やすために、無料アプリ『Googleフォト』を利用している方は多いと思います。

Googleフォトならばクラウド上にアップロード可能ですので、カメラで撮影した写真や動画を”写真アプリ”から削除しておけば、アイフォン本体のストレージを圧迫することはありません。

 

しかし「アイフォン本体の空き容量がほとんど残っていない」「設定からストレージの使用状況を確認してみると、Googleフォトの容量が非常に大きくなっている!」とビックリされた方も多いんじゃないでしょうか。

ここではGoogleフォトアプリ自体の容量がいっぱいになった時の対処法を説明していきます。

 


スポンサードリンク

状況を確認する

まずはGoogleフォトがどれぐらいのストレージを圧迫しているのか確認してみましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『ストレージとiCloudの使用状況』をタップする

ストレージとiCloudの使用状況

 

4.”ストレージ”の項目にある『ストレージを管理』をタップする

ストレージを管理

 

※Googleフォトの使用ストレージを確認することができます。

160201-0003

 

Googleフォトの容量を減らす方法

Googleフォトアプリ内の設定を見ても、容量を削減する項目は見当たりません。

どうやらGoogleフォトアプリ自体を一旦削除して再インストールするしか方法はなさそうです。

※もちろん写真や動画のデータはクラウド上に存在するため、アプリを削除(アンインストール)しても消えることはありません。

1.使用状況リストから『Googleフォト』を選択する

160201-0003

 

2.『Appを削除』をタップする

160201-0004

 

3.再度『Appを削除』をタップする

※アプリの削除は「ホーム画面のアイコンを長押し」→「×マークをタップ」でも行なうことができます。

160201-0005

 

4.App Storeから『Googleフォト』をインストールする

160201-0006

 

使用状況から確認すると、Googleフォトの容量が減っているのが分かります。

160201-0008

 

写真アプリの容量を減らす場合

『写真とカメラ』の容量が大きい場合は、写真アプリ(カメラロール)内の写真や動画を削除しましょう。

カメラロール内のすべての写真がGoogleフォトでバックアップできているのか心配だという方は、下記手順で削除してください。

バックアップが完了した写真や動画のみ、カメラロールから削除することができます。

1.『Googleフォト』を起動する

Googleフォト アイコン

 

2.左上の『メニューアイコン』をタップする

160201-0011

 

3.『設定』をタップする

160201-0012

 

4.『空き容量を増やす』をタップする

160201-0013

 

5.『削除』をタップする

160201-0014

 

最後に

今回はGoogleフォトの容量がいっぱいになっている時の対処法を紹介しました。

知恵袋にも同様の質問があがっていますが、この状況をあり得ないと感じている回答がいくつかあります。

どうやらユーザーによって状況が異なるようですが原因が分かりません。

「ストレージを圧迫してきたら、一旦アンインストール」で対応するしかないようですね。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)