iPhone、ホームボタンを使わずマルチタスクを表示する方法

スポンサードリンク

ホームボタンを素早く2回押すことで呼び出すことができる『マルチタスク画面』。

アプリを素早く切り替えたり、iPhoneの動作が鈍くなったときにアプリを完全終了させるときなどに利用することができます。

 

今までのiPhoneの場合、ホームボタンが壊れてしまったときはアクセシビリティ機能の1つ『AssistiveTouch』を使って呼び出すことが可能でした。

しかしiPhone6s/6sPlusなら、『3D Touch』を利用してもっと簡単にマルチタスク画面を呼び出すことができるようになりました。

 

ここではiPhone6s/6sPlusで、ホームボタンを使わずマルチタスクを表示する方法を説明していきます。


スポンサードリンク

3DTouchでマルチタスクを呼び出すには

3DTouch搭載機種でホームボタンを使わずマルチタスク画面を呼び出すには、画面の左端を深めにプレス(ポップ)してください。

151005-0001

 

もちろんアプリ起動中でも深めにプレスすることでマルチタスク画面を呼び出すことが可能です。

※ただし横画面にしているときは、3DTouchで呼び出すことができないようです。

151005-0004

 


スポンサードリンク

呼び出しにくいときは

3DTouchが反応しづらい場合は、3DTouchの感度を調節しましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『アクセシビリティ』をタップする

アクセシビリティ

 

4.『3DTouch』をタップする

151005-0005

 

5.”3DTouchの感度”のスライダーを『弱い』にスライドする

151005-0006

 

最後に

今回は3DTouch機能を利用して、ホームボタンを使わずマルチタスクを表示する方法を紹介しました。

AssistiveTouchを利用するよりも遥かに素早く呼び出せますので、6s・6sPlusを持っている方はぜひ試してみてください。

 

※ちなみにAssistiveTouchの使い方に関しては下記リンクを参考にして下さい。

関連:画面上の仮想ボタンで様々な操作をする方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)