iPhoneXの最新機能&他機種と異なる操作方法まとめ


みんな気になる!ハイエンドモデルiPhone♪

『iPhoneX』のスペックまとめ

『iPhoneX』の最新機能まとめ

iPhone X、先進機能が実現する新しいユーザー体験

ハイエンドモデルとなる『iPhoneX(テン)』には、他グレードのiPhoneにない新機能がいくつか備わっています。

また、ホームボタンが廃止されたことや全面ディスプレイが採用されたことで、今までの操作とは異なる操作方法もたくさんあります。

 

やはり当サイト訪問者の中にも、このiPhoneXの新機能等が気になっているユーザーが多いようですね。

ここでは現時点で判明しているiPhoneXに搭載された最新機能と新しい操作方法を紹介していきます。



Face ID

iPhone Xではディスプレイ上部のセンサーハウジングに内蔵されたカメラや赤外線センサーなどの多くの新しいセンサー群による高精度の顔認証システムを実現しました。

これにより、今までのTouch IDにかわりFace IDを用いたセキュアな認証を提供します。

Touch IDとの相違点と進化

Touch IDではユーザー(持ち主)ではないのに間違って認証解除される可能性は5万分の1でしたが、Face IDではユーザーの顔の約3万点にも及ぶポイントを計測して判別することでそのリスクを100万分の1にまで低下させています。

 

また、ユーザーが眠っているところに他人が内緒でiPhone Xを向けても(目をつぶっている状態では)ロックが解除されない、しかしながらメガネをかけていても問題なく、顔の似ている双子でもきちんと見分ける能力を有しているといわれています。

顔表面の凹凸も感知していますので持ち主の写真をかざしてもロック解除されることはないそうです。



アニ文字

この高機能なセンサー群を利用して提供される機能として、Face IDだけではなくアニ文字にも活用されています。

これはユーザーの顔のモーションにあわせてキャラクターの表情が同じように変化するというものです。

 

Apple Pay

Apple Payでの支払いはこれまでTouch IDによりホームボタン上に指で触れることで認証してきました。

これがFace IDを利用するiPhone Xでは操作内容が変更されるようです。

認証の際にはディスプレイを見ながら本体右側面の電源ボタンを2回クリックすることで認証操作が行われます。

 

全画面ディスプレイでの表示

センサーハウジング部横の表示がどうなるか?

ディスプレイ上部にはセンサーハウジングと呼ばれる切り欠き部分がありますが、この部分について特に横向きにした場合にどのように表示されるかは現時点で以下のように判明しています。

横向きでインターネット閲覧を行う場合のWebページについて、コンテンツはここを除いた“セーフエリア”と呼ばれる領域に表示されるため文字が欠けて判別不能というようなことはないようです。

 

ただし、ページのスクロールバーなどは欠けてしまうこともあるようです。

AppleもiPhone X向けのWebサイトデザインガイドを開発者向けの公式ブログなどにて公開していますので、表示の不具合があっても徐々に改善されていくと思われます。

 

ホーム画面に戻る方法

上部にあるセンサーハウジングに対し、画面下部には横長の細いバーである“ホームインジケーター”が表示されています。

これを上にスワイプすることでホーム画面に戻ることが出来ます。

※iPhone 7シリーズなどでコントロールセンターを表示させる際に行なっていた方法と同じような操作になります。

 

アプリ切り替えの方法

上記に記載した、“ホーム画面に戻る方法”の途中で指を止めるとアプリ切り替え画面を表示させることが可能です。

 

コントロールセンターの呼び出し

コントロールセンターの表示については画面右上部から下にスワイプすると呼び出されるように変更されました。

 

通知センターの呼び出し

コントロールセンターの呼び出しとは反対側、画面左上部から下にスワイプすると通知センターを呼び出すことが出来るようです。

 

簡易アクセスの廃止

ディスプレイが拡大され、片手での操作が難しくなったiPhone 6Plusシリーズから導入されたのが『簡易アクセス』という機能です。ホームボタンを2回タッチすることで表示領域を画面の下半分まで下げることができます。

iPhone Xではこれに変わる代替手法は用意されていないようですので、片手での操作が難しい場面が発生しそうです。

 

ホームボタン廃止で変更された操作方法

Siriの呼び出し

これまでは音声による呼び出し設定(「Hey Siri」での呼び出し)の他にホームボタンを長押しすることで呼び出すことが可能でした。

こちらもApple Payと同じように、その機能の代替は電源ボタンが担っています。

iPhone Xでは電源ボタンを長押しすることでSiriを呼び出すことが可能です。

 

これまではデスクの上に置いて操作していた場合に比べると、本体を持ち上げる必要がありますのでこの点については使い勝手が悪くなったと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

スクリーンショット撮影の方法

スクリーンショット撮影についても電源ボタンを利用します。

これまではホームボタンと電源ボタンを同時押ししていましたが、iPhone Xでは電源ボタンとボリュームキーの音量UP(上部キー)を押すことで行います。

 

強制再起動の方法

iPhoneが不調になった際に強制再起動を行おうとすると、ホームボタンと電源ボタンの長押しにて行っていましたが、iPhone Xでは電源ボタンとボリュームキーの音量DOWN(下部キー)を長押しすることで行います。

 

ARKit

iOS11とiPhoneとの組み合わせにて実現するAR(拡張現実)も大画面ディスプレイとFace ID用の多くの高機能センサー群を搭載したiPhone Xではより高度なものが提供されるようにも期待されます。

例えばアニ文字のようなモーションキャプチャーとARの組み合わせなどによってこれまでとは異なる体験が実現されるかもしれません。

 

【ソースURL】
https://www.apple.com/jp/
https://9to5mac.com/
http://bgr.com/

みんな気になる!ハイエンドモデルiPhone♪

『iPhoneX』のスペックまとめ

『iPhoneX』の最新機能まとめ


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)