iPhoneXのスペックまとめ|ハイエンドモデルの仕様をチェック


みんな気になる!ハイエンドモデルiPhone♪

『iPhoneX』のスペックまとめ

『iPhoneX』の最新機能まとめ

2017年Apple新製品発表会でお披露目になった新型iPhone3機種の中でも、1番注目されているハイエンドモデル『iPhone X』。

前回、新型iPhoneの予約開始日や販売価格&基本情報を取り上げましたが、ここではiPhoneXの気になるスペックについて詳しくチェックしていきます。

ディスプレイについて



iPhone Xがこれまでのモデルと比べて最も大きく進化したのがディスプレイです。

対角5.8インチのOLEDディスプレイを搭載しています。

iPhoneとしては初めてとなるベゼルレスデザインを採用し、iPhone 7から本体をそれほど大型化することなく、iPhone 7 Plus以上の5.8インチ大型ディスプレイを搭載しています。

 

また、これまでの液晶ディスプレイから高詳細な有機EL(OLED)ディスプレイに変更し、コントラストなどを大きく改善しています。

これにより、明暗の差がはっきりとすることで撮影した写真などはより美しく表示されます。既にOLEDディスプレイを搭載しているAndroidスマホなどではその画作りに関して実際以上にビビットな仕上げと感じることがありますが、発表会でハンズオンを行った記者などのインプレッションではこれまでのiPhoneと変わらない自然なものとなっているとの事です。

ディスプレイ上部中央にはカメラや各種センサーが搭載される切り欠き(センサーハウジング)が存在しています。

今後、この部分を上手く活かしたアプリが登場し、iPhone 8向けとは異なるインターフェイスを提供するのかも気になるポイントです。



本体の素材とカラーラインナップ

iPhone 5以降はアルミニウム削り出しの、バックパネル一体型フレームを採用していましたが、iPhone Xでは光沢のあるステンレスフレームにガラス製のバックパネルを組み合わせています。

 

カラーラインナップに関してはiPhone 8シリーズに用意されているゴールドを除く、シルバーとスペースグレイの2色となっています。

シルバーについては光沢のあるシルバーのフレームに、バックパネルはホワイトに近い色合いと、ハンズオンの記事などでは報告されています。

同様にスペースグレイについては光沢のあるブラックのフレームに組み合わせられるバックパネルは多少白味がかったブラックとされており、iPhone 7シリーズにおけるジェットブラックを思わせる雰囲気を感じさせているとの事です。

ディスプレイ、フレーム、バックパネルの一体感という点ではスペースグレイの方がよりそれを感じさせるようです。

 

ストレージ容量について

ストレージ容量はiPhone 8シリーズと共通で、64GB256GBのラインナップとなっています。

64GB で112,800円(税別)、256GB では129,800円(税別)と高価なiPhone Xですが、これまでよりも美しい写真や動画撮影機能が搭載されていることを考えると、撮影機会の多いユーザーは256GBモデルを選択したほうが良いかもしれません。

税抜き価格17,000円プラスすることで容量は4倍になります。

ですが、これまで32GBモデルを使用しiCloudとの併用で問題なかったというユーザーであれば、64GBと倍の容量になっていますので256GBを選ぶ積極的な理由は少ないかもしれませんね。

 

Apple StoreのオンラインにてiPhone 8シリーズの事前予約の推移を観察した結果、ストレージ容量については64GBが若干早めに出荷日が伸びる=売れている傾向が見受けられました。(出荷可能数との兼ね合いがありますので単純に台数とイコールではない部分があります)

ですが、ハイエンドモデルではハイスペックなものほど売れる印象もありますので、出荷数が少なく入手困難と予想されるiPhone Xにおいて特に256GBモデルは早期の予約を検討されたほうが良いのではないかと思っています。

 

サイズと重量について

本体サイズはディスプレイの拡大と、ガラス製のバックパネルの強度確保、内部にワイヤレス充電用のパーツを追加したことなどによってiPhone 7よりも大きくなっています。

それでも7 Plusも加えて比較すれば7に近い大きさですので、現在iPhone 6/6s/7を使用しているユーザーであればそれほど違和感なく移行できるのではとのハンズオンの結果を受けたコメントが多いようです。

iPhone 8では拡大幅が少なかったので純正ケースなどは流用可能なようですが、iPhone Xではサイズに余裕のある一部のスリーブタイプを除き、新たに専用のものを用いる必要があります。

iPhoneX専用ケース|楽天市場

 

バッテリー動作時間とワイヤレス充電について

Steve H. (@OnLeaks)氏の情報では、iPhone Xのバッテリー容量はiPhone 8 Plusと同等の2675mAhを搭載し、iPhone 8の1821mAhを大きく上回っています。

これはそれぞれiPhone 7シリーズがらは微減となりますが、Qi準拠のワイヤレス充電に対応したパーツを内部に収めた事を考えれば仕方がない面もあります。

 

しかし、iPhone Xについては筐体の大きさとしてiPhone 8に近いながらも8 Plusと同等のバッテリー容量を誇るのは、以前も報告したとおり、ロジックボードの小型化によるL字型バッテリーの搭載によるものと思われます。

動作時間については連続通話時間は21時間と、iPhone 7の14時間(3G通話)を大きく上回りました。

動画再生時間は同等の13時間、インターネット通信時間も同等の12時間、音楽再生時間は1.5倍となる60時間を実現しています。

 

また、Qi準拠のワイヤレス充電に対応したことで充電がより簡便になります。

空港のラウンジなど、ワイヤレス充電パッドが各シートに常備されている場所もありますので、ケーブルを出すことなく充電できるのは使い勝手も向上しますね。

 

カメラについて

メイン(リア)カメラ

メインカメラについてはデュアルカメラへと進化し、iPhone 8/8 Plusを含む新型iPhoneシリーズ中で最高性能のものが与えられています。

iPhone X、8 Plusのスペックはほぼ共通で、デュアルカメラを先行搭載したiPhone 7 Plusからの進化を果たしています。

画素数は広角、望遠側ともに12MPと共通ながらもレンズの明るさを示すF値はiPhone 7 Plus/8 Plusの広角側:F1.8、望遠側:F2.8から広角側:F1.8、望遠側:F2.4へと、望遠側がより明るく進化しています。

 

また、手ぶれ補正機能もiPhone Xにて初めてデュアル光学式のものが搭載されました。

写真撮影時のズーム機能についても光学2倍、デジタルズームにて10倍と、iPhone 7 Plus/8 Plusと同等です。

その他にもクアッドLED True Toneフラッシュやスローシンクロなどにて夜間撮影による使い勝手などが向上している他、ポートレートモード及びポートレートライティング(ベータ版)に対応していることで人物と背景のボケを強調したこれまで以上に美しい写真を撮影することが可能になりました。

 

メインカメラでのビデオ撮影

動画撮影の面でも特に4K撮影時のフレームレートが7シリーズまでの30fpsに加えて24fps、30fps、60fpsが選択可能となっています。

動画撮影時のズーム倍率についても光学2倍、デジタルズームにて6倍と、やはりこちらもiPhone 7 Plus/8 Plusと同等のハイスペックとなっています。

 

イン(フロント)カメラ

インカメラについては画素数:7MP、F値:F2.2、動画解像度:1080pと、基本スペックはiPhone 7/7 Plus/8/8 Plusと同等ながら、機能面ではポートレートモード及びポートレートライティング(ベータ版)、アニ文字、そして他の多くのセンサー群との組み合わせによるFace IDに唯一対応しました。

 

【ソースURL】
https://www.apple.com/jp/

 

みんな気になる!ハイエンドモデルiPhone♪

『iPhoneX』のスペックまとめ

『iPhoneX』の最新機能まとめ


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)