格安SIMカードとは?格安SIMで月々のスマホ代を節約しよう

スポンサードリンク

格安simカードとは?

携帯ショップで購入する際はすでに挿入されているので普段はあまり見ることもないのですが、iPhone本体にはSIMカードと呼ばれる”端末の電話番号など固有の情報が入ったチップ”が挿入されています。

今までは「ドコモで購入したiPhoneはドコモのSIMカードのみ」、「auで購入したiPhoneはauのSIMカードのみ」しか利用できないよう端末がロックされていましたが、現在では別会社のSIMカードを利用することが可能となりました。

このSIMカードを格安で提供している会社(MVNO事業者と呼ばれています)のものに変更することで、月々の利用料金を下げることができるというわけです。

 

使い方は至って単純。購入した『格安simカード』をスマホに挿して簡単な初期設定をすれば良いだけです。

 

格安simには『データ専用SIM』『音声通話SIM』があるのも特徴です。

データ専用SIMでは普通のスマホのように電話を掛けることができません。

普段は電話を掛けることがない方、あるいはLINEなどの無料通話を利用している方はデータ専用SIMで十分でしょう。

一方、音声通話SIMであれば通話も楽しむことができますが、その分、月々の料金が若干高くなります。

自分の使い方にあったSIMを選びましょう。

 

なぜ安くなるの?

格安SIMカードを提供している「MVNO事業者」は自社で通信設備を持っておらず、キャリア(ドコモやauのこと)からレンタルして通信サービスを展開していますので、基地局の増強やメンテナンスに対するコストが掛かりません。

また、メールサービスなど個々のユーザーに必要のないサービスを付加しないことで低価格での提供を実現しています。

皆様も今まで携帯ショップで契約した際に、「自分では利用しないサービスがたくさん付いてるな」と感じたことがあるんじゃないでしょうか。

 

格安simカードのメリット・デメリット

格安カードのメリット・デメリットについて解説していきます。

格安simのメリット

格安simカードの最大のメリットは、先述のとおり低価格なこと。

 

なかには複数の格安simを契約して、状況によって使い分けるというユーザーもいるようです。

使わなくなったスマホに格安simを挿せば、簡単に復活させられるのもメリットです。

 

格安simのデメリット

音声通話SIMを利用すれば音声通話ができますが、通話料が高いという欠点もあります。

 

他にもキャリア携帯ならば利用できるキャリアメール(@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpなど)といったサービスも利用できません。

ただ、最近はメールでのやり取りよりもLINEなどのSNSを利用している方が多いですし、yahooメールやGmailなどのフリーメールを使えば問題ありません。

また、格安simは色々な会社が提供しておりプランも豊富ですので、自分に合ったSIMカードを見つけるのが大変なのもある意味デメリットかもしれません。

 

どれくらい安くなるの?

各キャリアで契約していれば月に5,000〜8000円ほど掛かっていることが少なくありませんが、格安simカードを使えば大幅に通信費を下げることができます。

例えば、自宅にWi-Fi環境がある方や街のWi-Fiスポットをよく利用するという方なら、ほとんどモバイルデータ通信を使っていないので、格安simカードに変えると維持費が1ヶ月1,000〜2000円ほどで済みます。

※ちなみに、ある調査によるとスマホユーザーの約61%が通信量3GB以下で収まっているようです。

 

乗り換えの際には現在利用中のキャリアに支払う解約金や事務手数料などの費用が掛かりますが、格安SIMを半年も利用すれば元が取れるでしょう。 

ただし同じiPhoneでも格安SIMカードを利用することができない場合があるので注意が必要です。

 

格安SIMカードが使えるiPhoneは?

現在、市場に出ているiPhoneは各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が販売しているものとSIMフリー版のものがあります。

ドコモ版とSIMフリー版は、格安SIMのほとんどがドコモの通信網を利用していますので、問題なく利用することができます。

au版は『mineo(マイネオ)』『UQ mobile』の2社が対応したサービスを提供しています。

ソフトバンク版は、購入から180日が経過するとSIMロックを解除してもらえます。(iPhone 6s / 6s Plus / SEのみ)
※ただし解約した後は、ロック解除不可のようです。

 

動作確認ができている機種は、各社のHPを見れば分かりますので参考にしましょう。

関連記事:格安SIMカード関係の用語説明|Q&A

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)