iPhoneキーボードが日本語にならない時の対処法【iOS10】

スポンサードリンク

iPhoneで文字を入力する際に利用するキーボードでは、”地球儀アイコン”をタップすることで簡単に『英字入力』⇔『日本語入力』を切り替えることができます。

しかし日本語を入力することができなくて困っている方がたくさんいらっしゃるようです。

 

ここではiPhoneのキーボードで日本語入力モードに切り替わらないときの対処法を紹介していきます。


スポンサードリンク

キーボード登録をチェック

iPhoneでは”地球儀アイコン”をタップする度に切り替わるキーボードの種類を変更することができます。

iPhoneのバグにより日本語キーボードが削除されている可能性がありますのでチェックしてみましょう。

※ちなみに英語、日本語以外にも様々な言語のキーボードが用意されています。

1.『設定アプリ』を起動する

 

2.『一般』をタップする

 

3.『キーボード』をタップする

 

4.再度『キーボード』をタップする

 

ここで表示されているものが現在登録されている(”地球儀アイコン”タップで選択できる)キーボードです。

日本語キーボードがない場合は、下記手順に従って登録してください。

 

※ちなみに日本語キーボードは2種類あります。

『日本語−ローマ字』・・・
ローマ字で入力し、日本語に変換できるPCと同じ配置のキーボード。

『日本語−かな』・・・
フリック入力することができるテンキーボード。

 

5.『新しいキーボードを追加...』をタップする

 

6.推奨キーボードにある『日本語』をタップする

※日本語キーボード2種類ともすでに登録されている場合は、『日本語』が表示されません。

 

7.登録したいキーボードにチェックマークを入れ、『完了』をタップする


スポンサードリンク

日本語キーボードがきちんと登録されている場合

日本語キーボードが登録されているのに日本語入力できない場合は、一度「変換学習」をリセットしてみてください。

文字入力時の不具合のほとんどが、変換学習のリセットで改善されます。

※予測変換候補の履歴は消えますが、ユーザ辞書はリセットされませんので安心して下さい。

1.『設定アプリ』から『一般』→『リセット』と進む

 

2.『キーボードの変換学習をリセット』をタップする

 

3.パスコードを入力する

※パスコードとは、ロック画面解除時に入力するパスワードのこと。

 

4.『辞書をリセット』をタップする

 

最後に

今回はiPhoneのキーボードで日本語にならないときの対処法を紹介しました。

変換学習のリセットは、他人に見られたくない恥ずかしい変換候補などを削除する場合にも有効です。

文字入力の履歴を削除する際には、注意事項もありますので下記記事も参考にして下さい。

関連:恥ずかしい予測変換の候補を削除する方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)