iPhoneの機内モードに関する”分からない”を解決!

スポンサードリンク

アイフォンに備わっている便利機能の1つに”機内モード”というものがあります。

飛行機・映画館・電車の中など様々な場面で簡単に通信を遮断することが出来る機能です。

機内モード 疑問

しかしその存在は知っていても機内モードに設定しているときにどういう扱いになるのかが分からないという方が意外に多いようです。

前回も機内モードについて記事を書きました。

機内モード設定中に着信!相手は?

 

今回は今までにいただいた質問を元に、機内モードに設定しているiPhoneにどういった制限が掛かっているのかをもう少し分かりやすくまとめてみました。


スポンサードリンク

機内モード中の挙動

Bluetooth機能がオフになる

機内モードをオンにすると、一旦Bluetooth機能がオフになります。

しかしその後、個別にオンにすることが出来るので問題なくBluetooth機器を利用できます。

 

wi-fi機能がオフになる

こちらもBluetooth機能と同じで個別にオンにすることで利用できます。


スポンサードリンク

ネットが使えない

インターネットに繋ぐことが出来ません。

もちろんオンラインゲームも出来ませんし、”App Store”も使用できないことになります。

※ただし機内モードをオンにした後、”wi-fi”をオンにすることでwi-fi環境がある場所でのみ通常通り使えます。

 

メールの送受信ができない

メールの送信も受信も両方行えません。

なお、機内モード中に受信したメッセージは解除した途端にまとめて受信します。

メールを送信した相手には、こちらが機内モードだということは分かりません。

 

もちろんLINEの場合でも同じように送受信が出来ません。

※ただし、メールに関してもwi-fiをオンにすればwi-fi環境下では送受信できます。

 

GPSの位置情報は使えない

GPSの位置情報を取得できないので、MAPも使用できません。

アイフォンを落としたりなくした時に利用する”iPhoneを探す”のサービスでも位置を把握することが出来ないので、まったく役に立ちません。

機内モード中は落とさないようにいつも以上に注意しましょう。

※ちなみにこちらも機内モード中であろうがwi-fiをオンすることで利用できます。

 

通話できない

通話は一切出来ません。

機内モード時に掛けてきた相手には、「お掛けになった電話は電源が入っていないか電波の届かない場所にあるため掛かりません」と、アナウンスが流れる。

その後、機内モードを解除した際に”着信があった旨のメッセージ”が電話会社から届きます。

 

通話に関しては、こちらが圏外や電源オフの状態と全く同じ挙動になるということです。

なお、通話に関してはwi-fiをオンにしても一切利用できません。

 

その他の疑問

『ボイスメモ』での録音や保存は出来ます。

通信料が掛かることはありません。

目覚まし機能も使えます。

バッテリーの減りが早くなることはありません。

むしろ無駄な通信を行わないので、通常よりもバッテリーが長持ちします。
(特に電波の弱い場所では節約効果大)

 

まとめ

結局、機内モードに設定してもBluetoothとwi-fi機能は利用できるため・・・・・

通話モバイルデータ通信(3G/LTE)のみ、制限がかかるということになりますね。

 

また機内モードを利用すると高額な請求が来ると思っている方もいらっしゃるようですが、一切追加料金が掛かることはありませんので安心してください。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)