iPhoneの電話で通話中の声が聞こえにくい時の対処法

スポンサードリンク

「iPhoneで電話を掛けると通話相手の声が聞こえない!」

アイフォンユーザーの中には、通話相手の声が聞き取りにくいと困っている方がいるようです。

 

ここではアイフォンでの通話中に相手の声が小さい(こもる)ときの対処法を説明していきます。

 

通話音量を変更する

アイフォンの側面には音量ボタンが付いています。

通常時に押せば着信音の調節ができますが、通話中に操作することで通話音量を変更できます。

相手の声が小さいと感じた場合は、+ボタンを押して音量を上げましょう。

 

スポンサードリンク

ヘッドフォンと表示される場合

通話音量を変更した際に”ヘッドフォン”と表示された場合は、Lightningコネクタ部分にホコリなどが溜まっていることでヘッドフォンが挿さっていると誤認識している可能性があります。

アイフォン下部のコネクタ部分を綿棒などで掃除してみましょう。

IMG_3617

当サイトでも過去に紹介したことのある除光液を利用する方法も効果的です。

コネクタの接触不良で充電できない時の対処法

※ただし自己責任でお願いします。 


スポンサードリンク

液晶フィルムを確認する

アイフォンの画面の上に付いている横長の穴がレシーバー(通話相手の声が出るスピーカー部分)になっています。

液晶フィルムがズレてレシーバーを塞いでいないかチェックしてください。

150316-0001

 

なおレシーバーをよく見ると、アミ目になっていることが分かります。

ここが目詰まりすると音がこもってしまうので、ついでに綿棒などで掃除しておきましょう。

 

Bluetoothを確認する

Bluetooth機能でペアリングさせたヘッドセットなどの機器が近くにあると、本体からは音が出ないことがあります。

Bluetoothの設定をオフになっているかチェックしましょう。

 

画面下端から上方向へスワイプしてコントロールセンターを呼び出す。

Bluetoothアイコンが白くなっていたらオンの状態なので、タップしてオフ(灰色)に切り替える。

IMG_3619

 

最後に

今回は通話相手の声が聞こえないときの対処法をいくつか紹介しました。

 

改善されなかった場合は『iPhoneの調子が悪い時に試したい事』を参考にアイフォンの再起動と強制リセットを試してみてください。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iPhone7Plus の送話品質が悪いのは、手帳型ケースが原因のことがあります。
    ケースを付けたり、外したりして電話で話すことで、すぐに確かめられます。

    ケースに原因がある場合は、Appleに持ち込んでも、原因はわからないかも
    しれません。

    私は、Docomoの店頭で電話といっしょに買ったケースなんですが、いろいろ
    ケースを加工しても、ケースなしの状態まで改善できないでいます。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)