iPhone版LINEがアップデートできないときの対処法

スポンサードリンク

iPhoneでLINEアプリをアップデートすると、途中で止まってしまい完了できないことがあります。

ここではiPhone版LINEがアップデートできないときの対処法を説明していきます。

 

原因1:電波が弱い

電波が弱い場所でアップデートすると途中で止まります。

通信状態の安定している場所で行ってください。

またステータスバーのWi-Fiアンテナが良好でも、じつはWi-Fiに繋がっていないというケースもあります。

コントロールセンターからWi-Fiをオフ/オンしてみましょう。

コントロールセンター 上説明

 


スポンサードリンク

原因2:一気にアップデートを行なった

『App Store』から『すべてをアップデート』を行なうと、進まなくなることがあります。

一度アップデートをストップした後、個別でアップデートしてみましょう。

151012-0004 151012-0005

 


スポンサードリンク

原因3:アカウントが異なる

アプリをインストールしたときのAppleIDと別のアカウントでインストールした状態では、該当アプリのアップデートをすることはできません。

一旦サインアウトを行なった後、インストールしたときのAppleIDでサインインしてからアップデートしましょう。

1.『App Store』おすすめタブの最下部『AppleID』をタップする

App Store AppleID

 

2.『サインアウト』を選択する

151012-0006

 

3.『サインイン』をタップし、インストール時のアカウントでサインインする

App Store サインイン

 

原因4:iPhoneの動作が不安定

iPhone本体の動作が不安定になってくると、アップデートの途中で止まることがあります。

そんなときはバックグラウンドで起動しているすべてのアプリを終了させた後、iPhoneの再起動を試してみましょう。

1.『ホームボタン』を素早く2回押す

ホームボタン

 

2.表示されたすべてのアプリを放り投げるように上にスワイプする

150923-0004

 

3.『スリープボタン』を長押しする

再起動 スリープボタン

 

4.スライダーを右にスワイプする

再起動 スワイプ

 

5.再度『ホームボタン』を長押しする

数秒後にアイフォンが起動します。

 

最後に

 今回はiPhone版LINEがアップデートできないときの対処法を紹介しました。

アップデートが途中で止まったときにはアプリアイコンを長押しして一旦アンインストールしたくなりますが、LINEアプリの場合は再インストールするとすべてのトーク履歴が消えるため特に注意が必要です。

 

同じ症状になって困らないように、今後はLINEをアップデートする前にiPhone自体のバックアップを作成することをおすすめします。 

またLINEアプリ内でメールアドレスを登録するかFacebookアカウントと連携しておかないと、LINEアカウントを引き継ぐことができなくなりますので、不具合などで起動できなくなる前に行なっておきましょう。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)