iPhoneをロックしない(かけない)ようにする方法

スポンサードリンク

iPhoneではセキュリティのためにパスコードを設定し、第三者が使えないようにすることができます。

自分の情報だけでなく友人知人の個人情報も満載ですので、ほとんどのユーザーがパスコードロックを掛けているんじゃないでしょうか。

 

ただ、何かの理由で一時的にロックしないよう設定したいときもあると思います。

ここではiPhoneをロックしない(かけない)ようにする方法を説明していきます。


スポンサードリンク

 

自動ロックをオフにする

初期設定では何も操作しないで1分が経過すると、自動的に画面が真っ黒(スリープ状態)になります。

スリープ状態になると再度操作するためにはパスコードの入力が必要になりますので、煩わしい場合は自動ロックをオフにしておきましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『自動ロック』をタップする

設定アプリ 一般 自動ロック

 

4.『しない』にチェックを入れる

設定アプリ 一般 自動ロック しない


スポンサードリンク

パスコードをオフにする

先述のとおり、自動ロックをオフにしても一旦スリープ状態になるとパスコードの入力が必要になります。

そもそもパスコード入力が煩わしいという方は、パスコードの設定をオフにしておきましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『Touch IDとパスコード』をタップする

設定アプリ TouchIDとパスコード

 

3.パスコードを入力する

関連:ロック解除のパスコードが分からないときは

パスコード入力 6桁

 

4.『パスコードをオフにする』をタップする

160807-0001

 

5.ダイアログから『オフにする』をタップする

160807-0002

 

6.再度パスコードを入力する

パスコード入力 6桁

 

最後に

今回はiPhoneをロックしない(かけない)ようにする方法を紹介しました。

 

iPhoneの中には知人の連絡先情報以外にも、人によってはSafariなどで入力したパスワードやクレジットカード情報など、たくさんの個人情報が詰まっていますので相当危険です。

一時的にパスコードオフにするぐらいに留めておき、通常はきちんと設定しておきましょう。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)