【iOS11】iPhone、QRコードをアプリ無しで読み込む方法


iPhoneのソフトウェアがiOS11にアップデートされたことにより、標準カメラアプリでQRコードを読み込むことができるようになりました。

iOS10以前ではサードパーティ製アプリをインストールする必要があったので、AndroidスマホからiPhoneに乗り換えたユーザーは戸惑っていたと思いますが10年目にしてとうとう実装されましたね。

 

ここではiOS11以降のiPhoneの標準カメラアプリでQRコードを読み込む手順を説明していきます。

 

 

 

QRコードを読み込む事前準備

まずは設定アプリからQRコードの読み込み機能が有効になっているか確認してみましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

 

2.『カメラ』をタップする

 

3.『QRコードをスキャン』をオンにする

※これでQRコードを読み込むことが可能になりました。

 

 

QRコードを読み込む

1.『カメラアプリ』を起動する

 

2.メインカメラ(iPhone背面)をQRコードにかざす

※わざわざ行なうユーザーはいないと思いますが、インカメラ(iPhoneディスプレイ側)ではスキャンすることができません。

 

3.画面上部のバナーをタップする

スキャンが成功すると画面上部にバナーが表示されます。

 

最後に

今回はQRコードをアプリ無しで読み込む手順を紹介しました。

スキャン成功後に別のQRコードが画面に入るとバナーが消えますので、複数のQRコードが並んでいる場合は注意して下さい。

 


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)