iPhoneでロック解除のパスコードが分からないときの復元方法

スポンサードリンク

iPhoneをスリープ状態から解除するときに、まず最初に入力しなければ操作できなくするためのパスコードロック

iPhone内にある個人情報を守るためにも、アイフォンが盗まれた場合に悪用されないようにするためにも、ほとんどの方が設定していると思います。

しかしiPhoneを持って間もない方や普段は指紋認証を使っているという方の中には、ロック解除のパスワードが分からないと困っている方も多いようです。

 

ここではロック解除パスコードが分からないときに、同期したことのあるパソコンを使って元の状態に復元する方法を説明していきます。

 

※iPhoneで使用するパスワードについてよく分からない方は下記リンクを参考にして下さい。

関連:iPhoneで使われるパスワードって何種類あるの?


スポンサードリンク

 

iTunesから復元する

今までにアイフォンと同期したことのあるパソコンがあれば、パスコードが分からなくても最新のデータをバックアップしてそこから復元できます。

他にも復元の方法はありますが、今現在のアイフォンの状態のままパスコードのみリセットするにはこの方法しかありません。

 

1.iTunesにバックアップする

まずはアイフォンと同期したことのあるパソコンをLightningケーブルで繋ぐ。

パソコン上のiTunesのバックアップの項目から『今すぐバックアップ』をクリック。

150202-0003

 

これで今現在の状態をパソコンに保存できましたので、あとは復元をしていきましょう。

 

2.iTunesから復元する

iTunesから『iPhoneを復元...』をクリックし、確認ダイアログが出たら『復元』をクリック。

(”iPhoneを探す”がオンになっている場合は、次の項目【”アイフォンを探す”がオンの場合は・・・】を参考にしてiPhoneの消去を行ってください)

150202-0004

 

何度か再起動され工場出荷状態に戻された後、パソコン上に”新しいiPhoneへようこそ”と表示されます。

『このバックアップから復元』にチェックを入れて、先ほどバックアップしたデータを選び『続ける』を選択。

150202-0005

 

また再起動されアイフォンの画面に”こんにちは”と出てきますので、右にスライドした後iCloudのパスなどを入力し各種設定を行なっていく。

するとパスコードの作成の画面になるので、ここで新しくパスコードを設定してください。

 

※ちなみに『バックアップを復元』から行なうと、復元が終わりiPhoneを起動する際にパスコードの入力を求められますので、必ず”iPhoneを復元”から行ってください。

 
スポンサードリンク

”iPhoneを探す”がオンの場合は・・・

このとき”iPhoneを探す”の機能がオンになっていると、そのままでは復元できません。

パスコードが分からなければiPhone本体からオフにできませんので、パソコンから行ないましょう。

 

パソコン上でiCloud.comにアクセスしてサインインした後、メニューから”iPhoneを探す”をクリック。

画面上部中央にある『すべてのデバイス』をクリックして該当のiPhoneの名前を選択する。

150202-0002

 

右上に表示されたメニューから『iPhoneの消去』を選択。

150202-0001

 

これでアイフォン内のデータがすべて削除されますので、あとは上記の手順でiTunesから復元を行なってください。

 

最後に

今回はロック解除パスコードが分からなくてもリセットして復元できる方法を紹介しました。

パスなしで元の状態に復活できたでしょうか?

 

 

iTunesは使わずiCloudのみにバックアップしている方は、こういうトラブルが発生したときに困ることが多いです。

念の為に普段から両方にバックアップすることを忘れないようにしてください。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iPad miniでiTuneでの復元は出来ませんか?

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)