iPhoneのSafariが起動しない時やフリーズ時の対処法!

スポンサードリンク

アイフォンのホーム画面からアイコンをタップすれば、いつも当たり前のように起動するSafariですが、機嫌が悪いのか、ある日突然起動しなくなることも起こります。

ここではアイフォンのSafariアプリが起動しなくなったときや、動作が重いとき、フリーズしてしまったときの対処法を説明します。

 

皆さんの悩みの内容を聞いてみると、よく起こる症状は?

  • 文字入力中のみ動きが遅い
  • Safariは起動するもののページをめくる度、いちいち時間が掛かる。
  • 閲覧途中にフリーズしてしまった。
  • アイコンをタップしても起動すらしない。

といった症状が起こっているようです。


スポンサードリンク

対処法は?

報告を見ると人によって症状は様々ですが、ほとんどの場合同じ方法で解決します。

 いくつか説明しますので順に試してください。

 

Safariの履歴やキャッシュを削除

履歴やキャッシュなどの溜まった情報を削除することで不安定になったsafariの動作が改善される場合があります。

※キャッシュは閲覧したページの情報などを記憶しておき、次回同じページにアクセスした際に素早く表示させるために使われます。


スポンサードリンク

その手順は・・・
『設定アプリ』から『Safari』をタップ。

IMG_2317

 

『履歴とWebサイトデータを消去』をタップ。

IMG_2318

 

ダイアログが表示され『履歴とデータを消去』を選択すると完了。

IMG_2320

 

ちなみにWebサイトデータを削除しても、ブックマークが消えることはありません。 

 

閲覧履歴を残したままキャッシュを削除したい場合は・・・

『設定』→『safari』→『詳細』→『Webサイトデータ』と順にタップ。

 

一番下にある『全Webサイトデータを削除』を選択し、『今すぐ削除』をタップすればOK。

サイトデータの一覧を左にスワイプすると、”削除ボタン”が現れるので消したいデータのみ個別に削除することも可能です。

 

キーボードをリセット

アイフォンのキーボードには一度変換した文字を記憶し、それ以降 予測変換する”変換学習”の機能が備わっています。

しかし長い間使っているとデータが増えすぎて動作が不安定になることがありますので、一度リセットして消去してみましょう。

 

『設定』→『一般』→『リセット』をタップ。

『キーボードの変換学習をリセット』を選択しパスコードを入力した後、”辞書をリセット”をタップすれば完了です。

IMG_2429

 

IMG_2428

 

最後に

今回紹介した2つの方法を行なっても改善されない場合は、こちらで説明している手順を参考にしてアイフォンの再起動などを試してください。

最終的に試したい解決策!

 

ときには特定のサイトを閲覧したときのみ動作が遅くなったり、フリーズしてしまうこともあるようです。

そういうときはサイト運営側の問題である可能性がありますので、他のページが問題なく表示されるのかチェックしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. safari がバグってしまい、困っていましたが、
    データ消去の方法であっさり解決しました。

    わざわざ、修理に出さずに済んで助かりました!
    ありがとうございます。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)