iPhoneのsafariが重いときに試したい解決法!

スポンサードリンク

アイフォンのsafariを使っていると、初めは問題なく動いていてもだんだん動作が鈍くなることがあります。

動作が重くなるだけならまだしも、アプリが落ちてまともに利用することができなくなることもしばしば・・・。

 

そんなときに困らないように、ここではiPhoneのsafariが重いときに試したい解決法を説明していきます。

 

safariが重いときの解決法

アイフォンのsafariが重いときの原因はいくつか考えられます。

簡単にできる対策から紹介しますので、順に試してみてください。

  • タブを閉じる
  • アプリを完全に終了させる
  • トップヒットを事前読み込みしない
  • 履歴やCookieを削除する
  • 通信利用量を確認する
  • アイフォンを再起動する

 
スポンサードリンク

タブを閉じる

safariでは、複数のタブを開き過ぎると、safariが重くなることがあります。

不要なタブは閉じておきましょう。

1.画面右下の『タブアイコン』をタップする

safari タブボタン

 

2.不要なタブの左上にある『×マーク』をタップする

不要なタブを左にスワイプすることでも閉じることができます。

safari タブ画面

 


スポンサードリンク

アプリを完全に終了させる

 アプリはホームボタンを押しただけでは、バックグラウンドで待機状態となっており完全に終了していません。

たくさんのアプリが待機状態になっていると動作が不安定になることがありますので、必要のないアプリは完全に終了させておきましょう。

なおsafariアプリも一旦終了させてから起動させてみると、safariの動作が改善される可能性があります。

1.『ホームボタン』を素早く2回押す

ホームボタン ダブルタップ

 

2.表示されるアプリをすべて上方向にスワイプする

マルチタスク アプリ 終了

 

トップヒットを事前読み込みしない

safariでは検索窓に入力した文字とアクセス頻度の高いWebサイトが部分一致した場合に、”トップヒット”として表示される機能が備わっています。

ただデフォルトでは実際にそのサイトにアクセスしなくても事前にページ情報を読み込む設定になってます。

必要がなければ事前に読み込まないように設定変更しておきましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『safari』をタップする

設定画面 safari

 

3.『トップヒットを事前に読み込む』の項目をオフにする

150721-0001

 

履歴やCookieを削除する

safariでは2回目以降にアクセスしたときに素早く表示させるためにWebサイトデータを保存しています。

しかしそのデータが膨大になり過ぎると、動作が重くなってしまうことがありますので削除してみましょう。

 1.『設定アプリ』を起動し『safari』をタップする

設定画面 safari

 

2.『履歴とWebサイトデータを消去』をタップする

設定画面 safari 履歴とサイトデータを消去

 

3.確認ダイアログから『履歴とデータを消去』をタップする

設定画面 safari 履歴とデータを消去 確認ダイアログ

 

通信利用量を確認する

 急にWebページを表示するまでの時間が掛かるようになった場合は、データ通信利用量が超過したため通信速度が制限されている可能性があります。

現在ご利用になった通信量を確認してみて、必要ならば追加料金を支払いましょう。

docomo版iPhoneでの確認方法

SoftBank版iPhoneでの確認方法

au版iPhoneでの確認方法

 

アイフォンを再起動する

 safariに限らずiPhoneの動作がおかしいときは、iPhoneを再起動することで改善されることがあります。

1.『スリープボタン』を長押しして、スライダーを右にスワイプする

iPhone 再起動

 

 2.iPhoneの電源が落ちた後、再度『スリープボタン』を長押しする

再起動 スリープボタン

 

最後に

 今回はiPhoneのsafariが重いときに試したい解決法を紹介しました。

いくつかの方法を紹介しましたが、改善されたでしょうか。

 

もしも文字入力のときだけ動作が重くなったり、アプリが落ちてしまうという場合には、別の方法で改善される可能性があります。

文字入力の反応が遅いときの対処法』を参考にしてください。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)