iPhoneのsafariを横画面で固定する方法!寝転んでいても大丈夫

スポンサードリンク

アイフォンのsafariでweb閲覧しているときに寝転んだまま横画面で固定したいと思ったことはありませんか?

もちろん起きている時ならば、アイフォンを横向きに持つだけで問題なく閲覧できます。

でもそのまま寝転がってしまうと、画面がグルグルと回転してしまって思うようにできない。

 

うまくホームボタンが上に来るようにすると寝転がっていても横画面で観れないことはないのですが、出来ればもう少しスマートに閲覧したいものですよね。

ここではアイフォンのsafariを寝転がっていても縦画面や横画面で固定して閲覧しやすくする方法を紹介していきます。


スポンサードリンク

 

縦画面で固定するには?

縦画面で固定するには、コントロールパネルから設定します。

 

画面下端から上方向にスワイプする。

コントロールパネルの右上に表示されている”鍵アイコン”をタップして白くなればOK。

名称未設定

 

これで縦画面で固定できました。

解除する場合は、再度コントロールパネルから”鍵アイコン”をタップしてください。


スポンサードリンク

横画面で固定するには?


 

※追記

【iOS9】にアップデートすると、画面の向きを固定した状態のままAssistiveTouchで横向きに変更することができなくなりました。

しかし『アクセスガイド』を利用すれば横向き固定は可能ですので下記記事を参考にしてください。

画面を横向きでロックする方法【iOS9】

 


 

 

※横向きで固定する場合も、先ほどの『縦画面で固定するには?』の項目で説明した方法で鍵アイコンをオンにしておいてください。

 

次に設定アプリ内で横画面で固定するための準備をしておきます。

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』→『Assistive Touch』とタップしていき、Assistive Touch機能をオンにします。

画面に灰色のアイコンが現れたら準備完了。

(アイコンは画面中央でなければ、ドラッグすることで好きな場所に移動可)

IMG_2402

 

『safari』アプリを立ち上げてからその灰色のアイコンをタップ。

『デバイス』→『画面を回転』と順にタップし、『左向き』or『右向き』好きなほうを選択すれば横画面のまま固定することができます。

IMG_2404

IMG_2405

 

追記

灰色のアイコンが画面上にずっと出ているのが邪魔だという方は、ホームボタンのトリプルタップ(素早く3回タップ)で好きなときに出現させるように設定することも可能です。

 

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』と順にタップし、一番下の『ショートカット』を選択。

『Assistive Touch』にチェックマークを入れる。

これでトリプルタップをする度に灰色のアイコンを表示・非表示に切り替えることができます。

IMG_2424

 

最後に

今回はアイフォンのsafariを横画面で固定する方法を紹介しました。

寝転んだときに画面がグルグル回って困っていたという方はぜひお試しください。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)