”iPhoneを探す”でmacから見つけるときの使い方!

スポンサードリンク

アイフォンには、お使いのアイフォンの紛失や盗難が発生したときに使える”iPhoneを探す”という便利機能が備わっています。

しかしその機能をどういう風に設定・使用するのか分からない方も多いようです。

 

ここではいざという時のためにあらかじめ行なっておく設定とmacを使ってiPhoneを探す方法を説明します。

 

”iPhoneを探す”を設定する

あらかじめ”iPhoneを探す”機能をオンにしておかないと利用することが出来ません。

忘れずに設定しておきましょう。

 
スポンサードリンク

 

『設定アプリ』から『プライバシー』→『位置情報サービス』をタップしオンにする。

IMG_1949

 

IMG_1948

 

IMG_1946 

 

画面一番下の『システムサービス』をタップし、『iPhoneを探す』の項目がオンになっていれば設定完了。

IMG_1950

 

IMG_1951

 

重要オンに設定していない場合・・

  • サウンド再生
  • 紛失モード
  • iPhoneの消去

”iPhoneを探す”機能でこちらの3種類のサービス(詳細は後述)は利用できますが、iPhoneの位置を特定することは出来ません。

 
スポンサードリンク

macから”iPhoneを探す”

MAPで場所を特定する

ブラウザでiCloud.comにアクセスして、iPhoneで使用しているAppleIDでログイン。

141213-0002

 

iCloudサービスの一覧が表示されるので、”iPhoneを探す”をクリックする。

141213-0003

 

するとMAPが表示され、iPhoneの現在の位置が緑のマルで確認できます。 

左上の”+”ボタンでMAPを拡大出来ますが、多少のズレが生じますので注意が必要。

周りに薄い緑の枠が表示されることもありますが、この枠の範囲が広いほど正確に場所の特定がされていないことになります。

141213-0010

 

なお『緑の丸』→『iマーク』をクリックするとメニューが表示されるので、そこから3種類のサービスが利用できます。

 141213-0006

 

141213-0007

サウンド再生 

mac画面から”サウンド再生”をクリックすると、iPhoneからソナー音が鳴り響く。

iPhone側で停止しない限り2分間鳴り続けます。

なおiPhoneをロックしている状態かどうかで解除方法が異なります。

 

ロックしていない場合・・・
”「iPhoneを探す」警告”のダイアログが表示されるので、”OK”を押す。

ロックしている場合・・・
画面を右にスワイプし、パスコードを入力することで解除できる。

 

紛失モード

ロック画面に任意のメッセージと連絡先の電話番号を表示し、iPhoneを見つけてくれた方に連絡を促すことが出来ます。

紛失モードに一度切り替えれば、ロックされていないiPhoneでも遠隔でロックできる。

iPhoneをなくしたことに気付いたら、すぐ紛失モードに切り替えましょう。

 

  1. 『紛失モード』をクリック
  2. 拾った方に掛けて欲しい電話番号を入力
  3. 『次へ』をクリック
  4. iPhoneに表示したいメッセージを入力
  5. 『完了』をクリック

141213-0008 141213-0009

 

macから解除する場合は再度メニューの『紛失モード』をクリックし、『紛失モードを停止』をクリックします。

iPhone側からの解除はパスコードを入力する。

 

iPhoneの消去

”iPhoneの消去”を選択すると、iPhone内のすべてのコンテンツと設定を消去できます。

これを行なったiPhoneは、位置情報の検出や追跡が出来なくなるので注意してください。

 

※『機内モード』をオンにしている状態でwi-fiがオフだった場合、”iPhoneを探す”機能は使えません。

関連記事:機内モードに関する”分からない”を解決!

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)