電源ボタン故障中のiPhoneを再起動する方法

スポンサードリンク

アイフォンではスリープ状態にしたいときや再起動するために、電源ボタンの操作が必要になります。

しかし長い間使っていると陥没したり、落とした拍子に効かなくなってしまったりと電源ボタンが壊れてしまうこともあります。

もちろん修理をすればいいのですが、できることならお金を使わずにそのまま利用したいと思っている方も多いんじゃないでしょうか。

 

じつは電源ボタンが壊れていても再起動することは可能です。

ここでは電源ボタン故障中のiPhoneを再起動する方法を説明していきます。


スポンサードリンク

 

事前準備

まずはいつでも簡単に再起動やスリープ状態にすることができるように事前準備しておきましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『アクセシビリティ』をタップする

アクセシビリティ

 

4.『ショートカット』をタップする

アクセシビリティ ショートカット

 

5.『AssistiveTouch』にチェックを入れる

設定画面 アクセシビリティ ショートカット Touch

※これで事前準備は完了です。

後は再起動したいときに下記手順に従って操作してください。

 

スポンサードリンク

電源ボタンを使わず再起動する

1.『ホームボタン』をトリプルタップする

画面上に『灰色のアイコン』が現れます。

ホームボタン

 

2.画面上に現れた『灰色のアイコン』をタップする

灰色アイコン

 

3.『デバイス』を見る

アクセシビリティ デバイス2

 

4.『画面をロック』を長押しする

※ここで『画面をロック』を短くタップするとスリープ状態にすることができます。

アクセシビリティ 画面をロック

 

5.スライダーを右にスワイプする

数秒後にアイフォンの電源が落ちます。

再起動 スワイプ

 

6.付属のケーブルを用いてコンセントに接続する

アイフォンを充電状態にすることで、電源が入り再起動完了です。

ケーブル

 

最後に

今回は電源ボタン故障中のiPhoneを再起動する方法を紹介しました。

ちなみに『画面をロック』を長押しして再起動することは可能ですが、さすがに『画面をロック』と『ホームボタン』を同時に長押ししても強制リセットはできません。

 

※AssistiveTouch機能では、再起動以外にも様々な操作を行なうことが可能です。

関連:画面上の仮想ボタンで様々な操作をする方法

 

おすすめのモバイル保険

月々700円の保険料で、外装破損・損壊・水濡れ全損・故障の修理をした際、修理費用を補償してくれるモバイル保険サービスもあります。

自動車保険やがん保険で有名なSBIでは、年間通算10万円までなら何度でも補償してもらえます。

【SBIのモバイル保険のメリット】

  • ドコモなどキャリアの補償サービスより保険料が安い
  • 修理依頼先を自由に選べる
  • 無線通信機器3台まで登録可
  • 購入1年未満の機器なら登録可
  • 水没・盗難でも補償OK

いざという時のために保険に入っておくと安心です。

モバイル保険 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)