iPhoneのスクリーンショットが撮れないときの対処法

スポンサードリンク

アイフォンではスリープボタンを押しながらホームボタンを押せば、スクリーンショットを撮ることが可能。

ただ、どちらかのボタンが壊れて撮れなくなったり、なぜか突然できないようになったりすることがあるようです。

 

ここではアイフォンのスクリーンショットが撮れなくなったときの対処法を説明していきます。

 

急にできなくなった場合

急にスクリーンショットが撮れなくなった場合は、アイフォンの再起動で改善されることがあります。

 

スリープボタンを長押しし、表示されたスライダーを右にスワイプする。

数秒後アイフォンの電源が落ちますので、再度スリープボタンを長押しして電源を入れる。

iPhone 再起動


スポンサードリンク

スリープボタンが壊れた場合

スリープボタンが壊れてしまった場合やボタンを押すタイミングが難しくてスクリーンショットが撮れないといった場合は、アクセシビリティ機能を利用しましょう。

 

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』と進む。

アクセシビリティ

 

操作の項目にある『AssistiveTouch』をオンにする。

すると”灰色のアイコン”が出現します。

IMG_2402

 

灰色のアイコンをタップすると表示されるメニューから『デバイス』をタップする。

IMG_3005

 

『その他』をタップする。

IMG_3006

 

『スクリーンショット』をタップすると、画面を撮影できます。

※AssistiveTouchのメニューや灰色のアイコンは写らないので安心してください。

IMG_3007

 

スポンサードリンク

もっと使いやすくするには

画面上にずっと灰色のアイコンが表示されているのが邪魔だという場合は、普段は非表示にしておき簡単に呼び出せるようにしておきましょう。

 

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』と進み、一番下にある『ショートカット』をタップする。

IMG_3942

 

ここで『AssistiveTouch』にチェックを入れておくと、今後ホーム画面であろうがアプリ起動中であろうがどんな画面でもホームボタンをトリプルクリックすることで灰色のアイコンの表示/非表示を切り替えられる。

IMG_2424

 

最後に

今回はスクリーンショットが撮れなくなったときの対処法を紹介しました。

 

アクセシビリティ機能を使った方法は、普段からアイフォンのスクリーンショットは撮りにくいと感じていた方にもオススメです。

ぜひお試しください。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)