現在利用中のiPhoneを格安SIMに乗り換える手順&注意事項

スポンサードリンク

各キャリアのiPhoneから、格安SIMに乗り換えるには?

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンクなど)で現在iPhoneを使っているものの、月額料金が高いと嘆いている方も多いと思います。そんな方のために、この記事ではキャリアから格安SIMに乗り換える方法を解説します。

キャリアでは2GBでも6500円ほどの月額料金がかかりますが、格安SIMに乗り換えれば3GBでも1600円前後が一般的。スマホ代を安く抑え、毎月の出費を少なくしましょう。

 関連:格安SIMに関する用語説明|Q&A

 

【解約前の注意】2年以内の解約には、契約解除料がかかる

キャリアから格安SIMに乗り換えるにあたって、今が契約更新月かどうかは重要です。

25ヶ月目、26ヶ月目が契約更新月で、もしも2年以内に解約すると契約解除料として9500円が請求されます。

ただし、格安SIMに乗り換えれば毎月の月額料金を大幅に抑えられます。そのため数か月で契約解除料分を補うことができる場合も多々ありますので、今MNPして大丈夫かどうか計算してみましょう。

問題なさそうであれば、すぐにキャリアから格安SIMに乗り換えましょう。

 

ワンポイント

格安SIMを提供している事業社によってドコモ回線を利用しているサービスと、au回線を利用しているサービスがあります。

実際のところ、ドコモ回線のものがほとんどでau回線のSIMを提供しているのは、mineo UQモバイル の2社となっています。

 

docomoから格安SIMに乗り換えるには?

docomoからの乗り換えの場合、今使っているiPhoneで格安SIMに乗り換えても、SIMカードを差し替えるだけでそのまま使うことができます。

ただし、au回線の格安SIMで使用したい場合は、SIMロック解除が必要です。iPhone6s以降なら購入から半年すぎていればSIMロックを解除できますので、他社の回線の格安SIMを使いたい場合は解約前にSIMロックを解除しておきましょう。

My docomo(SIMロック解除)

 

現在利用中の電話番号のまま乗り換える場合は、パソコンなどを使い、My docomoからMNP予約番号を発行しましょう。

「ドコモオンライン手続き」の項目から、MNP予約番号を発行できます。

My docomo(MNP予約)

 

My docomoの使い方がよくわからない場合は、電話やドコモショップでもMNP予約番号を発行することができますので、151に電話するかドコモショップに行きましょう。

MNP予約番号を発行したら、格安SIMの契約をする際にMNP予約番号を記入すればOK。あとは、自宅に新しいSIMカードが届き、開通手続きが終われば乗り換えが完了です。

※MNP転出手数料は、docomoの場合2000円です。

 

auから格安SIMに乗り換えるには?

au版iPhoneは、5s・5c以降であれば問題なくau回線の格安SIMで使用することができます。

ただし、もしもdocomo回線の格安SIMに乗り換える場合は、SIMロックを解除しなければいけません。その場合、SIMロック解除に対応しているのはiPhone6s以降になります。

auは、解約後でもSIMロックを解除できます。しかし、契約中にウェブでSIMロック解除の手続きをすれば無料(ショップの場合、手数料は税抜3000円)ですので、iPhoneの購入から半年経った段階でSIMロックを解除しておきましょう。

※auではSIMロック解除できる端末か判定した後、解除手続きを行なうことができます。

 >auお客様サポート(可否判定)

 

auでは、docomoのようにウェブ上でのMNP予約番号の発行手続きをすることができません。そのため、電話か店頭での対応になります。

0077-75470に電話するか、auショップで対応してもらうことで、MNP予約番号を発行できます。あとはdocomoと同じく、格安SIMへの乗り換え手続きの際に、この予約番号を入力すればOKです。

※auのMNP転出手数料は、3000円です。

 

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるには?

ソフトバンクのiPhoneは、SIMロックを解除しなければ格安SIMで使うことができません。ソフトバンクが運営しているY!mobileであっても、SIMロックの解除は必須です。

※購入から180日経過、なおかつソフトバンクで契約中の場合のみ、SIMロック解除をすることが可能です。

My SoftBankログイン

 

SIMロック解除に対応しているiPhoneは、iPhone6s以降。もしも6以前を使っている場合は、新しいSIMフリーiPhoneを購入するか、iPhone5sを購入できるY!mobileやUQ mobileに乗り換えることになるでしょう。

ただし、Y!mobileにソフトバンクから乗り換えると他のキャリアと違って、月額料金の割引が適用されないために1000円ほど利用料金が上がってしまいます。

 

さて、ソフトバンクもauと同様に、ウェブ上でMNP予約番号を発行することはできません。5533に電話するか、ソフトバンクショップで対応してもらうことになりますね。

MNP予約番号を発行後、格安SIMの契約時に番号を入力すればOKです。

※なお、ソフトバンクのMNP転出手数料は3000円です。

 

まとめ

キャリアのiPhoneは、SIMロックできないソフトバンクのiPhoneなど、一部を除いて格安SIMでも使い続けることができます。

もしも今使っている端末が使えないのであれば、SIMフリー版やdocomo版のiPhoneを購入する必要がありますが、それでも数ヶ月で元が取れることも多いです。

 

格安SIMへの乗り換えの流れは難しそうに見えるかもしれませんが、手続きはそれほど難しくはありません。キャリアから乗り換えて、格安SIMで快適かつお得にiPhoneを使用しましょう。

 

クレジットカードなしで格安SIMに乗り換えるには

 

 

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

まだ間に合う! 7&7Plus在庫あり

おとくケータイ.net

※キャッシュバックがありがたい

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)