iPhone、Siriが設定に表示されないときの対処法

スポンサードリンク

アイフォンに向かって

  • 「明日の天気予報教えて」
  • 「〇〇に電話掛けて」
  • 「〇〇の設定をオフにして」

などを話しかけるだけで、答えてくれる『Siri』は非常に便利な機能です。

通常、ホームボタンを長押しすれば簡単に呼び出すことが可能です。

 

しかしホームボタンを長押ししても『音声コントロール』が起動してしまいSiriが呼び出せない、設定アプリから『Siri』を利用するためにオンにしようにもSiriに関する項目が見当たらないと困っている方が多いようです。

ここではSiriが設定に表示されないときの対処法の対処法を説明していきます。


スポンサードリンク

通常ならば・・・

通常ならSiriに関する設定画面は、下の画像のように設定アプリ内の『サウンド』と『TouchIDとパスコード』の間に表示されています。

Siri

 

※iOS9以前の場合は、『ソフトウェアアップデート』と『Spotlight検索』の間。

150826-0003

 

Siriが設定に表示されない場合は・・・

該当の欄にSiriの項目が表示されていない場合は、『ペアレンタルコントロール(機能制限)』でSiriの使用が許可されていない可能性があります。

下記手順を参考に許可しましょう。


スポンサードリンク

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『機能制限』をタップする 

設定アプリ 機能制限タップ

 

4.機能制限用のパスコードを入力する

設定アプリ 機能制限パスコード入力

 

5.『Siriと音声入力』の項目をオンにする

150826-0001

※これでSiriが許可されました。

 

6.『Siri』をオンにする

あとは通常通り、『サウンド』と『TouchIDとパスコード』の間に表示されている『Siri』をタップしてオンにしておけば、ホームボタンを長押しした際にSiriが起動します。

150826-0004

 

最後に

今回はSiriが設定アプリに表示されないときの対処法を紹介しました。

 

分かりやすく説明すると、Siriの機能をオンにするためには『設定アプリ』→『一般』→『機能制限』の項目で『Siriと音声入力』を許可(オンの状態)にし、さらに『設定アプリ』→『Siri』でもオンにしておく必要があります。

少し複雑ですが、間違わないように設定しましょう。

 

 

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

まだ間に合う! 7&7Plus在庫あり

おとくケータイ.net

※キャッシュバックがありがたい

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by できませんでした

    できなかったんですがわかりますか?

    • コメントありがとうございます。

      iOS10にアップデートされましたでしょうか?
      iOS10では『Siri』の項目の場所が変更になっています。
      設定アプリ内「一般」の1つ前の画面で、「サウンド」と「TouchIDとパスコード」の間をご確認下さい。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)