iPhone、音声コントロールもSiriもオフにする方法【10.2】

スポンサードリンク

iOS10.2へのソフトウェアアップデートにより、音声コントロールとSiriの両方をオフにすることが可能となりました。

 

今まではSiri機能をオフにすると代わりに音声コントロール機能が有効になるため、両機能をオフにすることができませんでした。

また、音声コントロールが有効(Siriが無効の状態)になっているとロック画面からのアクセスを無効にすることができないので、「ポケット内で勝手に電話を掛けてしまう」など困っていた方も多かったんじゃないでしょうか。

厳密には今までもSiriを有効にしておき、ロック中のSiriへのアクセスを無効にしておくことで対策することができました。

ロック画面なのに勝手に電話が掛かる!

 

iOS10.2で導入された設定からSiriも音声コントロールも利用しないユーザーは両機能をオフにしておきましょう。


スポンサードリンク

Siriも音声コントロールも利用しない場合

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『アクセシビリティ』をタップする

アクセシビリティ

 

4.『ホームボタン』をタップする

アクセシビリティ ホームボタン

 

5.”押したままにして話す”の項目で『オフ』にチェックを入れる

161215-0002


スポンサードリンク

Siriを利用するがロック中の起動なしにする場合

1.『設定アプリ』→『Siri』→『Siri』をオンにする

※「Siri設定」でオンにすると「アクセシビリティ設定」内の設定は自動的にSiriに切り替わります。

Siri

 

2.『ロック中にアクセス』をオフにする

Siri ロック画面でのアクセス

 

音声コントロールを利用する場合

『設定アプリ』→『一般』→『アクセシビリティ』→『ホームボタン』→『音声コントロール』にチェックを入れる

※音声コントロールをオンにしている場合は、ロック中のホームボタン長押しでの起動を無効にすることはできません。

161215-0003

 

最後に

今回は音声コントロールもSiriもオフにする方法を紹介しました。

iPhoneは今まで何度もアップデートされてきましたが、この設定の導入にはとても長く待たされましたね。

そもそもSiriを利用しないユーザーが音声コントロールを利用することは少ないと思いますので、もっと早く対策されると思っていたのですが・・・。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)