iPhoneのスリープ・電源ボタンが陥没!故障時の対処法!

スポンサードリンク

アイフォンを使っている友人の中に、落とした時にスリープ・スリープ解除ボタン(電源ボタン)が壊れちゃったという友人がいます。

試しにネットで調べてみたら、意外にも電源ボタンが陥没したという方や外れたなど同じ悩みを抱えてる方が結構いらっしゃるようでビックリしました。

というわけで今回は、アイフォンのスリープボタン(電源ボタン)が壊れてしまったときの対処方法を紹介していきます。

名称未設定

 

iPhoneを不意に高い所から落とした場合、カバーを着けていても運が悪いと一発で電源ボタンが壊れちゃうんですよね。

でも修理をするとなると非常にお金がかかりますし、かと言って新しいiPhoneに交換しようにも、まだ2年経っていないから交換できない。

う〜ん、困った・・・。

 

スポンサードリンク

電源ボタンが使えなくなるとどうなるんだろう?

  • すぐスリープ状態にできない
  • スクリーンショットが撮れない(電源ボタン+ホームボタン)
  • バッテリーが残ってる状態で電源を切ることができない
  • 強制リセットできない

 

電源ボタンが壊れてしまうと、本当に色々な場面で困ってしまいますね・・。

しかしアイフォンでは、そういうときにもある程度 操作する方法があるんです。


スポンサードリンク

スリープボタンが壊れたときの設定

アイフォンには、画面のタップのみで操作が可能になる「Assistive Touch」という機能があります。

 

設定方法は、

「設定アプリ」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」をタップ。

そして「Assistive Touch」をオンにします。

すると画面に「丸が描かれた灰色の四角いアイコン」が現れたはずです。

(ちなみにそのアイコンをドラッグすると、好きな場所に移動することができます)

そのアイコンをタップすると、次の画像の一番上のメニューが出ます。

メニュー

このメニューの、

「デバイス」→「画面をロック」で、ロック画面(スリープ状態)にできる。

「デバイス」→「画面ロック」を長押し”スライドで電源オフ”の画面になります。

そこから通常通り電源を切れる。

「デバイス」→「その他」→「スクリーン」で、スクリーンショットが撮れます。

 

※ただ注意しなければならないのは、電源が完全に切れてしまったとき。

おそらく電源ボタンなしで起動する方法は、ないんじゃないでしょうか・・・。

追記:
電源が入っていない状態でも充電用ケーブルを繋げば電源が入ります。

 

どうやら電源ボタンが壊れた状態では、”強制リセット”のみ行なうことが出来ないようです。

 

物理的に壊れたわけじゃない場合は?

物理的に壊れたというわけでないが電源ボタンが機能しない、または断続的に機能しない場合はAppleが発表した不具合の可能性もございますので、こちらのページで確認してみてください。

関連リンク:
『iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム』
(なお対象は 2013 年 3 月以前に製造された iPhone 5です)

 

※AssistiveTouchで行える電源ボタン以外の操作に関しては下記リンクを参考にして下さい。

関連記事:画面上の仮想ボタンで様々な操作をする方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)