iPhoneが水没!乾燥剤とジップロックで復活させよう!

スポンサードリンク

「iPhoneを水没してしまった!」

最近のAndroid携帯は防水のものが増えてきましたが、アイフォンは残念ながら今だに防水加工になっていません。

もちろんアイフォンを水没させてしまったらすぐAppleや業者へ修理に出すのが一番ですが、修理に出さなくて済むのなら経済的にも助かりますよね。

 

ドライヤーで乾かしたら復活したという報告もよく聞きますが、ドライヤーの熱でアイフォンの形状が変化してしまいより深刻な状況になる恐れもあります。

修理に出す前に悪あがきしたい方は、乾燥剤とジップロックで復活させてみましょう。

  

スポンサードリンク

水没iPhoneを復活させる方法

1.電源が入ったままの場合は電源を切る。

2. iPhoneケースやSIMカードなど取り外せるものはすべて取り外す。

3.周りの水分を拭き取る。

4.よくお菓子の袋に入っているシリカゲルなどの乾燥剤をジップロックに入れる。
(100円ショップでも販売しています)

5.iPhoneをその中に入れてしっかりと封をする。

6.そのままの状態で2,3日放置する。

 

これで内部に浸透してしまった水分をシリカゲルが吸い取ってくれて、ほとんどの場合復活します。

 ※ただ一度水没したアイフォンを使い続けると、発火や爆発の恐れもありますので自己責任でお願いします。

 

スポンサードリンク

注意事項 

 2,3日間そのまま放置するというのはかなり長期間になりますが、内部の乾燥が不十分なときに電源を入れるとショートしてしまって再起不能になることもあるので注意してください。

 

この方法でアイフォンが元通りに使えるようになっても、今後いつまで使えるのかは分かりません。

運良く復活できたらすぐにバックアップをとっておくほうが良さそうです。

 

最後に

以前、お米を使って水没したアイフォンを復活させる方法を紹介しました。

水没したアイフォンをお米で復活させる!

ただ、トイレに落としてしまったアイフォンに使ったお米をさすがに食べるわけにはいかないので、今回の乾燥剤のほうが実用的な気がしますね。

 

追記

水没したiPhoneが故障する原因は、水に含まれる『ミネラル成分』

厳密に言うと水没したiPhoneをお米などで乾かしただけでは、iPhone内部に入り込んだミネラル成分までは除去できません。

 

『リバイバフォン』という商品なら、特殊な洗浄液に7分間浸した後、24時間自然乾燥させるだけで内部基盤に付着したミネラル成分までキレイに洗浄してくれます。

リバイバフォン

その復活率は、90パーセント。

4000円弱と少々高いですが参考にしてください。

 

ちなみに『リバイバフォン』は、Amazonで販売されています。

リバイバフォン リペアキット Reviveaphone RV-01

新品価格
¥3,866から
(2016/5/16 12:55時点)

※水没時に行なってはいけないことなどをまとめました。下記リンクも参考にして下さい。

関連:iPhoneが水没した時の復活方法&注意事項まとめ

 

おすすめのモバイル保険

月々700円の保険料で、外装破損・損壊・水濡れ全損・故障の修理をした際、修理費用を補償してくれるモバイル保険サービスもあります。

自動車保険やがん保険で有名なSBIでは、年間通算10万円までなら何度でも補償してもらえます。

【SBIのモバイル保険のメリット】

  • ドコモなどキャリアの補償サービスより保険料が安い
  • 修理依頼先を自由に選べる
  • 無線通信機器3台まで登録可
  • 購入1年未満の機器なら登録可
  • 水没・盗難でも補償OK

いざという時のために保険に入っておくと安心です。

モバイル保険 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)