iPhoneの写真を自動で取り込みたい【フォトストリーム】

スポンサードリンク

アイフォンで撮った写真をパソコンに取り込むには付属のケーブルで繋ぐ方法の他に、『フォトストリーム』機能を利用して自動で取り込む方法もあります。

ここではフォトストリーム機能を使って自動で取り込む方法を説明していきます。

 

フォトストリームをオンにする

1.『設定アプリ』を起動する

 設定アプリアイコン


スポンサードリンク

2.『iCloud』をタップする

設定画面 iCloud2

 

3.『自分のフォトストリーム』をオンにする

150615-0004

 

※これで設定完了です。

今後、アイフォンで撮影した写真は通常どおりカメラロールに保存されるのとは別に、Wi-Fi接続されたときに自動でiCloudサーバーに保存されます。

また同じAppleIDでログインしているiOSデバイスやパソコンで『フォトストリーム』をオンにしている場合は、iCloudサーバーから自動でダウンロードされます。

 

スポンサードリンク

写真アプリから確認する

『自分のフォトストリーム』をオンにすると、写真アプリ内に『自分のフォトストリーム』という名前のアルバムが追加されています。

1.『写真アプリ』を起動する

写真アプリアイコン

 

2.『アルバムタブ』を選択する

150615-0006

 

カメラロールの下に『自分のフォトストリーム』がありタップすれば保存されている写真が確認できます。

150615-0005

 

重要

iCloudに保存される期間は30日間となっており、経過すると自動的に削除されます。

なおアイフォンでは1000枚まで保存することが可能です。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)