iPhone、寝てる間に指紋認証で解除されなくする方法!

スポンサードリンク

アイフォンのTouchID機能(指紋認証)を利用すれば、パスコードを入力しなくてもホームボタンに指をかざすだけでロック解除することができるので非常に便利です。

ただこの機能の一番の欠点は、あなたが寝ている間でも第三者があなたの指を使ってロック解除できてしまうということです。

 

ここでは寝てる間に指紋認証で解除されなくする方法を説明していきます。


スポンサードリンク

方法1:再起動

TouchID機能をオンにしていても、アイフォンを再起動したときはパスコードの入力が初回に限り必要になります。

ですので寝る前に再起動しておくことで指紋認証で解除される心配がなくなります。

 

ちなみにアイフォンの再起動の方法は、以下の通り。

1.『スリープボタン』を長押しする

ホームボタンとスリープボタン説明

 

2.『スライドバー』を右方向にスライドする

iPhone 再起動

※数秒後に電源が切れます。

 

3.再度、『スリープボタン』を長押しする

Appleロゴが表示されるまで長押ししてください。

ホームボタンとスリープボタン説明

※数秒後にアイフォンが起動されて、指紋認証でのロック解除ができなくなっています。

 

・・・ただこの方法だと、寝る前に再起動するのを忘れることもあるでしょうし、気付いたら寝てしまっていたということもあり得ます。

それが不安な方には、次に紹介する『方法2』がおすすめです。 

 

スポンサードリンク

方法2:登録の場所を変更する

指紋認証は5回連続で失敗すると、パスコードの入力が求められ指紋認証では解除することができなくなります。

つまり第三者が5回試すうちに指紋認証の登録をした場所が特定されなければ良いということになります。

 

TouchIDに登録できるのは5ヶ所ですが、ほとんどの方は左右どちらかの親指か人差し指で登録しているのではないでしょうか。

これだと5回試している間にバレてしまう可能性大ですので、第三者が思いもよらないような場所で登録しておきましょう。

 

じつは『指紋認証』と言っていますが、登録できるのは指の先だけではありません。

例えば指先よりも少し根元、第1関節や第二関節などで登録することも可能です。

150521-0001

 

個人的におすすめなのは、手の甲側の人差し指や中指の第二関節。

登録もしやすいですし、解除する際にもスマートに解除することができます。

指紋認証 変わった場所

 

くれぐれもどこで解除しているのかはバレないようにしてください。

認識範囲が狭いと自分で解除する際にも手間取ってしまうので、あらかじめ認識範囲を拡げておきましょう。

なお認識感度を上げる方法は『指紋認証の精度を上げる方法』を参考にしてください。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)