iPhoneの着信拒否は相手に分かるの?通知されるの?


アイフォンにも特定の電話番号からの着信を拒否する機能が付いていますが、どうやって設定するのでしょうか?

そしてもっと気になるのは、こちらが着信拒否設定しているときに電話をかけてきた相手にバレるのかどうかということ。 

「まさか・・・自動で着信拒否通知なんて相手に送られたりしないよねぇ?」

 

ここでは着信拒否の設定方法と、拒否設定したアイフォンの挙動や拒否相手にどんなアナウンスが入るのか、など着信拒否に関する疑問を解決していきます。

 

 

 

出たくない相手から度々電話がかかってきてウザい。

もちろん出なければいいんだけど、一日に10回も20回も着信があったらさすがにキツイですよね。

それに起きているときにかかってくるのならまだしも、寝てる間にかかってきたら寝ぼけて出ちゃうこともあり得ます。

 

そうならないように、あらかじめ特定の番号からの着信拒否を設定しておきましょう。

 

 

着信拒否の設定方法

過去に掛かってきたことのある電話番号を着信拒否するには・・・

1.「電話アプリ」を起動する

 

2.下部にある「履歴」タブを選択し、一覧から拒否したい番号の右端にある「iマーク」をタップ

150417-0040

重要

「iマーク」をタップするときに間違えて電話番号の部分をタップしないように注意!

嫌な相手に敢えて自分から電話を掛けることになっちゃいますからタップは慎重に。

 

※もしも操作ミスで電話を掛けてしまった場合は、赤色の『通話終了ボタン』をすぐにタップしましょう。
早ければ、相手へ繋がる前に止めることができます。

 

3.「この発信者を着信拒否」をタップすれば設定完了

150417-0041

 

同様に「連絡先」に登録されている電話番号も、連絡先一覧から任意の番号をタップし「この発信者を着信拒否」を選択することで設定できます。

 

※ちなみに”連絡先”に未登録で、しかも一度も発着信していない番号の場合は、まずその番号にワンプチ(電話を掛け繋がる前に切ること)をしましょう。

一瞬でも電話を掛けると発着信履歴に表示されますので、そこから同様に拒否設定が可能になります。

 

ただし、今後「着信拒否一覧」で管理するときに相手が誰なのか分からず不便なので、分かる相手ならば「連絡先」に名前を登録した上で拒否設定することをおすすめします。

 

着信拒否一覧の確認方法

「設定アプリ」→「電話」→「着信拒否設定」をタップして確認して下さい。

拒否した番号が一覧に表示されています。

 

なお着信拒否した電話番号を解除するには、左にスワイプして「着信拒否設定を解除」をタップしてください。

150417-0042

 

拒否相手から着信があった場合はどうなる?

拒否した相手から着信があった場合、自分のアイフォンには着信画面すら表示されません。

※「着信拒否はしたいけど拒否相手が掛けてきたことを表示で知らせて欲しい」という方は『おやすみモード』を利用してください。
iPhoneにはそういった機能はございませんが、『おやすみモード』をうまく設定すると可能になります。

 

拒否相手に通知されるの?分かるの?

拒否設定した相手がかけてきたとき、相手の電話はどんな挙動になるのでしょうか?

 

じつは、「プー、プー」と通話中の電話に掛けたのと同じ状態になっちゃいます。

もちろん拒否してる旨の通知が拒否相手に届くことはないので心配いりません。

ただ相手があなたにいつ掛けても、ずっと話し中ってことになるので着信拒否してるのがバレちゃう恐れもありますね。

 

さらに・・・

拒否相手が自分の携帯から掛けるといつも話し中なのに、

  • 着信拒否した相手が別の電話から掛けてきた!
  • 共通の友人が拒否相手と一緒のときに掛けてきた!

こんな状況のときだけあなたが電話に出たら、恐らく相手は拒否されていることを察するはずです。

『バレてもいい相手ならば着信拒否!』にしておきましょう。

 

なお各電話会社が提供している『迷惑電話対策サービス』を使った場合のアナウンスに関してはこちらで詳しく紹介しています。

 

追記:こちらが電源を切っているときの挙動

こちらが電源を切っていた場合機内モードになっているときに着信拒否した相手からの着信があった際は、下記のように拒否していない番号から掛かって来た時とまったく同じ挙動になります。

  • 相手には「おかけになった電話は電源が入っていないか、電波の届かない.......」とアナウンスが流れる。
  • 電源をオンに(機内モードをオフに)したタイミングで、メッセージアプリに着信があった旨の通知が入る。

あわせて覚えておきましょう。

 


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)