iPhoneで着信拒否した相手からの着信履歴を残すには?

スポンサードリンク

「着信拒否した相手から着信があったのかどうか知りたい!」

ドコモ・au・ソフトバンクなど各キャリアの迷惑電話対策のサービスを使わずに、iPhone本体に備わっている着信拒否機能を使っている方は多いと思います。

アイフォン単体で簡単に設定・解除が行えるので非常に便利なんですが、少し不満に感じるところもあります。

着信拒否の設定をしてしまうとその相手が自分に電話を掛けてきても画面に表示されませんし、着信履歴にも一切残らない。

 

もちろん拒否相手が掛けてきたのかどうかも知りたくないような相手ならばいいのですが、そうじゃない相手もいると思います。

そんなときはおやすみモードを使って履歴が残るように設定しましょう。


スポンサードリンク

おやすみモードとは?

おやすみモードをオンにするとゲームやアラームの音、動画再生時の音などは鳴りますが、電話の着信や通知の際には音が鳴らないようになります。

正確には着信があったときに画面をみれば着信が入っていることが判断できるし着信履歴にも残りますが着信音は鳴りません。

※音が鳴るかどうかの違いは、自分の意思で音を鳴らすもの(アラーム・ゲームなど)と、第三者が掛けてきた電話やメールなど自分の意思は関係なく不意に鳴るもので分けて考えると判断しやすい。

 

おやすみモード設定時の細かい挙動は、こちらのページを参考にしてください。

おやすみモード中のiPhoneに掛けるとどうなる?

 

おやすみモードを利用すれば許可していない相手からの着信時のみ着信音を鳴らさないように設定できますので、この機能を利用して特定の電話番号からの着信を拒否しましょう。

 
スポンサードリンク

おやすみモードで着信拒否設定する

1.着信拒否したい電話番号以外をすべて”よく使う項目”に設定する。

『連絡先アプリ』を起動し、よく使う項目に入れたいもの(着信音を鳴らしたい連絡先)を選択する。

『よく使う項目に追加』をタップ。

IMG_3415

 

表示されたダイアログの『電話番号』をタップすれば設定完了。

IMG_3414

 

2.設定アプリでおやすみモードの各設定をする

『設定』→『おやすみモード』と進み、各設定を下記のとおり変更する。

  • 『今すぐオン/オフ』・・・オン
  • 『時間指定』・・・オフ
  • 『着信を許可』・・・よく使う項目
  • 『繰り返しの着信』・・・オフ
  • 『通知:』・・・常に知らせない

IMG_3417

 

『着信を許可』を”よく使う項目”に設定することで、よく使う項目に登録された番号からの着信音のみ鳴らすことができます。 

 (おやすみモードのオン・オフに関しては、画面下端から上方向にスワイプして表示するコントロールセンターから三日月アイコンをタップすることでも可能) 

 

最後に 

今回はおやすみモードを代用して、履歴に残る着信拒否をする手順を紹介しました。 

拒否する番号以外の連絡先をすべて”よく使う項目”に追加するのはかなり面倒ですが、現状のアイフォンでは着信の有無が分かる着信拒否設定は行なえません。

新機能として追加されるまでは、おやすみモードを利用して乗り切りましょう!

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)