iPhone、アップデートを確認中から進まない時の対処法

スポンサードリンク

iPhone本体のみでソフトウェアアップデート(iOS)を行おうとしても、「アップデートを確認中...」と表示されたまま動かなくなることがあります。

新バージョンのiOSがリリースされた直後などアップデートするユーザーが集中する場合や、Apple側での不具合により発生するケースが多いようです。

ここではアップデートを確認中の画面から進まない時の対処法を説明していきます。


スポンサードリンク

アップデートが進まないときは

先述のとおり、「アップデートを確認中...」から動かないときはiPhone本体ではなく、Apple側の問題で発生しています。

このケースに陥ったときは2、3日経ってからアップデートを行ないましょう。

 

また、パソコン上のiTunesを利用すれば、正常にアップデートできる可能性があります。

アップデート用データは2GB以上の大容量になることも多いのですが、この方法ならiPhoneの容量不足でアップデートできない方にもおすすめです。

iTunesでのアップデート手順

1.『ホームボタン』を押し、ホーム画面に戻す

※念のため、マルチタスク画面(ホームボタン2回押し)から設定アプリを完全に終了させておきましょう。

ホームボタン

 

1.iPhoneとパソコンをケーブルで接続する

ケーブル

 

2.iTunes左上の『モバイルアイコン』→『概要』をクリック

PC iTunes 概要

 

3.『iPhoneのバックアップを暗号化』にチェックを入れ、『今すぐバックアップ』をクリック

念のため、アップデートの前にバックアップを取っておきましょう。

iTunes バックアップ

4.『アップデート』をクリック

iTunes アップデート

 


スポンサードリンク

ホーム画面に戻れない場合

アップデートの画面でホームボタンを押しても、まれにフリーズしてしまいホーム画面に戻れないケースがあります。

そんなときは下記手順に従い、iPhoneの強制リセットを行なってください。

 

画面が一旦消えてAppleロゴが表示されるまで(約15秒)、『電源ボタン(スリープ)』と『ホームボタン』を長押しする。

数秒後にiPhoneが起動しますので、パソコンに接続してアップデートを行なって下さい。

※強制リセットといってもiPhone内の設定やアプリデータなどが削除されるわけではありません。(パソコンの強制終了と同じもの)

iPhone 強制リセット

 

最後に

今回は『アップデートを確認中...』から進まない時の対処法をお伝えしました。

 

iPhone本体のみで、iTunesから、どちらの方法でアップデートするにしても、必ずバックアップを取ってから行なって下さい。

毎回、新iOSがリリースされる度に、エラーなどでiPhoneが文鎮化したという報告が上がっています。

関連:パソコンのiTunesを使って復元する

関連:iPhone本体のみでiCloudから復元する

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)