iPhoneをアップデートする方法【パソコンがない場合】

スポンサードリンク

アイフォンのソフトウェアをアップデートするには、Wi-Fiを利用して本体のみで行なう方法とパソコンに接続して行なう方法の2パターンあります。

ご家庭にインターネットに繋がっているパソコンがあるのなら、アップデートの際に必要なiPhone本体の容量が少なくて済み、時間も比較的かからない後者の方法がおすすめです。

 

しかし最近はパソコンを持っていないiPhoneユーザーが多いのも事実。

またパソコンを持っているものの、ケーブルで繋ぐ必要のないWi-Fiを利用したアップデートが良いという方もおられます。

ここではパソコンなしでiPhoneのアップデートを行なう方法を説明していきます。


スポンサードリンク

 iPhoneのみでアップデートする方法

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『ソフトウェアアップデート』をタップする

設定アプリ 一般 ソフトウェアアップデート

 

4.『ダウンロードとインストール』をタップする

アップデート ダウンロードとインストール

 

※アップデートする必要がない場合、現在のバージョンとともに”お使いのソフトウェアは最新です”と表示されます。

設定画面 ソフトウェアアップデート 確認

 

最後に

今回はパソコンなしでiPhoneのアップデートを行なう方法を紹介しました。

iPhone本体のみで行なえますのでお手軽ですが、通信状況によってはエラーが出やすくなります。

そんなときは、iTunes(パソコン)を利用したアップデートを試してみましょう。

関連:ソフトウェアアップデートができないときの対処法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)