浮気をしてる人は必見!iPhone設定時に注意すべき項目!

スポンサードリンク

浮気をしているアイフォンユーザーはおられませんか?

浮気とまではいかなくても彼氏彼女、旦那さんや奥さんに内緒にしておきたいこともみんなそれぞれあると思います。

 

そんな方のためにiPhoneを持つ上で設定しておくべき項目をいくつか紹介していきましょう。

141204-0004 

パスコードロック設定

iPhoneを落としたとき他人に見られたり悪用されないようにも、まず初めに必ず設定しておきたいのはパスコードロック機能です。

パスコードロック設定をすると電源を入れたときやスリープ状態から解除するときに、パスコードを入力しないとアイフォンの操作が出来ません。

 

『設定方法はこちら』

iPhone5s以降の場合・・・「設定アプリ」→「Touch IDとパスコード」→「パスコードをオンにする」をタップ。

iPhone5以前の場合・・・「設定アプリ」→「一般」→「パスコードロック」→「パスコードをオンにする」をタップ。

その後、任意の6桁のパスコードを入力し、確認のために同じパスコードを再入力します。

 

スポンサードリンク

重要

このときパスコードオプションを選択すると、英数字を含めたパスを設定できる。

6桁以上、または5桁未満のパスコードを設定できるので、パスコードを特定されにくくセキュリティ面でかなり期待できます。

 

じつはiPhoneの画面をスリープ状態にしてよく見ると指の皮脂が残っているのが分かります。

それに6桁なら解除しているところを横目で見られて予測される恐れもあります。

長いパスコードに設定すると、入力画面自体が英数字の小さなキーボードになるので特定されにくいでしょう。

パスコード

関連:パスコードを6桁から4桁に戻す方法

 


スポンサードリンク

メールの通知設定

パスコードロックの設定をしたからといって、メールのやり取りを見られる心配が完全になくなったわけではありません。

じつはメールやLINEアプリの通知設定によっては、受信時にロック画面であっても本文の前半部分が表示されてしまいます。

 

『設定方法はこちら』

まずはロック画面で上部からスワイプしても通知センターが表示されなくする設定。

「設定アプリ」→「通知センター」をタップし、 「通知の表示」をオフにする。

 

つぎに受信したときにメール本文が表示されなくする設定。

「設定アプリ」→「通知センター」をタップ。

「表示」の項目にメールやLINEやスカイプなどのアプリがある場合、該当アプリをタップし「ロック画面に表示」をそれぞれオフにしましょう。

ロック画面のみではなくiPhone操作中にも表示してほしくない場合は、「通知のスタイル」を「なし」にしておくと安心です。

 

5s以降のiPhoneで注意すべき項目!

iPhone5s以降の機種に搭載されている指紋認証機能「TOUCH ID」。

パスワードを入力する手間なくホームボタンに数秒かざすだけでロック画面の解除ができるという便利な機能ですが、じつはこの機能には盲点が・・・。

 

寝ている間などあなたが気付かないうちにパートナーがあなたの指にかざしてしまうと、iPhone内のデータをすべて見られることに。

パスコードロックや通知設定をしていても、こうなってしまうとすべての苦労が水の泡。

パートナーにデータを見られたくない人は、絶対に「TOUCH ID 機能」は停止しておきましょう。

 

寝ているときの危険回避には、こんな方法もおすすめです。

寝てる間に指紋認証で解除されなくする方法!

 

逆にあなたのパートナーが「浮気しているかもしれない!」と、不安なときは探偵に依頼して調査してもらうのもいいかもしれません。

なかには匿名で相談でき、提携している探偵事務所から最適な探偵社を紹介してくれるサービスもあります。

実際に調査開始しなければ無料で行なえますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

探偵さがしのタントくん

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)