ホームボタンの無いiPhoneXで変わった基本的な操作方法


ホームボタンの廃止

iPhone Xはホームボタンが廃止されたことで、それまでホームボタンを使用して行っていた操作方法も変更されています。

どのように変わったのかその操作方法を、画像を交えて確認してみたいと思います。

 

 

 

iPhone Xのサイドボタン類

ホームボタンの代替として今までよりも多く使用するのがサイドボタン類です。

多くの操作はこの「サイドボタン」、「音量を上げる」、「音量を下げる」ボタン操作の組み合わせにて行います。

 

Siriの呼び出し

ボタン操作によるSiriの呼び出しは、「サイドボタン」の長押しにて行います。「Hey Siri」と話しかけて行う音声による呼び出しはこれまでと同様です。

 

Siriが立ち上がった後の動作はこれまでと同じです。

 

スクリーンショットを撮る

スクリーンショットの撮影は「サイドボタン」+「音量を上げる」の組み合わせを同時に押すことで行います。

 

 

 

電源オフにする

電源オフにするにはまず「サイドボタン」+「音量を下げる」の組み合わせを同時に長押しします。

 

表示された画面の「スライドで電源オフ」をスライドします。

 

Apple Payでの認証

「サイドボタン」をダブルクリックして、使用するクレジットカードを選択します。

 

iPhone X に顔を向けて Face ID で認証してから、iPhone X をカードリーダーにかざします。

Touch IDとは異なり、先にFace IDによる認証操作が必要になりました。

 

コントロールセンターの呼び出し

コントロールセンターを呼び出すにはセンサーハウジング(ノッチ:切り欠き)の右側から下にスライドします。

 

表示されたコントロールセンター画面で目的とする操作が可能です。

 

通知の呼び出し

通知を呼び出すにはセンサーハウジング(ノッチ:切り欠き)の左側から下にスライドします。

 

通知が表示されました。

 

マルチタスク画面の表示とアプリの終了

マルチタスク画面を表示するには画面下部から画面中央あたりまでゆっくりとスライドします。

画面中央までスライドしてから指を離さず続けて右にスライドすると少し早く切り替えることが可能です。

 

マルチタスク画面が表示されました。

 

表示されたマルチタスク画面でいずれからのアプリを長押しすると終了のマークが各アプリの左上に表示されます。

ここをクリックするか(①)、画面上部にスライドする(②)ことでアプリを終了させることが出来ます。

 

簡易アクセス

発売初期に出荷されたiPhone Xでは対応していなかった簡易アクセスもiOS 11.1より対応しました。
(※iOS 11.1より以前のバージョンではアップデートが必要です)

使用するにはまず設定画面の「一般」から「アクセシビリティ」を選択し、「簡易アクセス」をオンにします。

実際の操作は画面下部を下にスワイプします。

 

画面上部に配置されたアイコンや画面が下がってきますので片手操作の場合など、指が届きやすくなります。

画像引用元:Apple,MacRumors


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)