iPhone、safariのよく閲覧するサイトを表示しない方法

スポンサードリンク

「safariの”よく閲覧するサイト”を表示しないように設定したい!」

アイフォンのsafariで新しいタブを開いた時などに表示される”よく閲覧するサイト”

 

あなたが何度か訪問したことのあるサイトに素早くアクセスできるように、自動的に保存してくれる便利な機能です。

しかし友人が見てる前で操作したときに、今までに閲覧したサイトが不意に表示されて困ると思っている方は多いんじゃないでしょうか?

 

”よく閲覧するサイト”を削除する方法はよく取り上げられていますが、元々非表示にする方法を紹介しているサイトは少ないようです。

ここでは、すでに表示されてしまった”よく閲覧するサイト”を削除するのではなく、元々表示されないようにする方法を紹介します。

 
スポンサードリンク

”よく閲覧するサイト”を非表示にする方法

”よく閲覧するサイト”の上に表示されているのは、『お気に入りフォルダ』に登録されているページです。

じつは、この『お気に入り』を非表示にすれば、”よく閲覧するサイト”も表示されません。

 

【お気に入りを非表示にする】

safariを起動し、ブックマークアイコンをタップする。

safari ブックマークアイコン 

『お気に入りフォルダ』を選択

サイト名の部分を左にスワイプして『削除』をタップする。

※このフォルダ内に登録されているサイトをすべて削除しましょう。 

safari お気に入り スワイプ削除

 

 これで新規タブを開いたときや、アドレスバーをタップしたときに”お気に入りサイト”とともに”よく閲覧するサイト”も表示されなくなります。

 
スポンサードリンク

【お気に入りサイトが多いとき】

お気に入りフォルダにたくさんのサイトを登録しており削除していくのが面倒な場合は、別フォルダを新たに作成するという方法がオススメです。

 

まずはsafariを起動し、先ほどと同じ手順でブックマークアイコンをタップしてブックマーク一覧を表示させる。

右下の『編集』をタップする。

safari ブックマーク 編集

 

左下の『新規フォルダ』をタップする。

safari ブックマーク 新規フォルダ

 

適当な名前でフォルダを作成する。

※作成場所は『ブックマーク』にしておきます。

safari 新規ブックマーク 場所

 

次にホーム画面に戻り、『設定』→『safari』→『お気に入り』と進む。

先ほど作成したフォルダにチェックを入れる。

設定画面 safari お気に入り

 

※この新しく作成したフォルダ内にサイトをブックマーク登録してしまうと、通常どおり”お気に入り”と”よく閲覧するサイト”が表示されるので空のままにしてください。

最後に

今回はsafariの”よく閲覧するサイト”を表示させなくする方法を紹介しました。

この”よく閲覧するサイト”は閲覧履歴のデータを元に表示されていますので、該当の閲覧履歴を削除すれば同時にそのサイトのアイコンも消えます。

 

しかし表示されてから削除して対処している場合、今まで出ていなかったサイトが前触れもなく出現するので危険です。

今回紹介した方法で非表示になるようにしておけば絶対に表示されることはないので、あらかじめ対策しておきましょう。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)