iPhone、safariよく閲覧するサイトが邪魔なので消したい

スポンサードリンク

「safariで”よく閲覧するサイト”の表示を消したい!」 

アイフォンsafariを使っていて”よく閲覧するサイト”が勝手に表示されて邪魔だと感じている方は多いようです。

 

元々はユーザーが何度も訪れたサイトをアクセスしやすくするための便利機能なんですが、ここに表示されるとマズいサイトの1つや2つ誰にでもあるはず。

ここではsafariの”よく閲覧するサイト”に表示されたサイトを消したいときの対処法を説明していきます。


スポンサードリンク

よく閲覧するサイトから消す方法

”よく閲覧するサイト”からサイトを消すには3パターンの方法があります。

1つずつ手順を紹介します。

 

方法1:safariから履歴を削除

”よく閲覧するサイト”はsafariの閲覧履歴を基に表示されているので、履歴を削除すれば”よく閲覧するサイト”からも消えます。

 

【個別で削除したい場合】

safari起動中に『ブックマークアイコン』をタップする。

safari ブックマークアイコン

 

(ブックマークが表示された場合は)『履歴』をタップして表示させる。

削除したいサイトを左にスワイプして『削除』をタップすれば削除完了。

safari 履歴 スワイプ消去

 

【まとめて削除したい場合】

右下の『消去』をタップする。

safari 履歴 消去ボタン

 

確認ダイアログから該当のものをタップする。

safari 履歴 確認ダイアログ

 

スポンサードリンク

方法2:設定アプリから履歴削除

先述したように閲覧履歴が基になっています。

設定アプリから履歴削除することですべての”よく閲覧するサイト”も消えます。

 

設定アプリを起動し、『safari』→『履歴とWebサイトデータを消去』とタップする。

設定画面 safari 履歴とサイトデータを消去

 

確認ダイアログから『履歴とデータを消去』をタップする。

設定画面 safari 履歴とデータを消去 確認ダイアログ

 

よく閲覧するサイト一覧から削除

safariを起動し、新規タブを開くかアドレスバーをタップして”よく閲覧するサイト”を表示させる。

 

削除したいアイコンを長押しすると出る『削除』をタップすれば削除されます。

safari よく閲覧するサイト 削除

 

最後に

今回はすでに表示されてしまった”よく閲覧するサイト”を消す方法を紹介しましたが、実はあらかじめ非表示にする方法もあります。

こちらのページで詳しく説明していますので、参考にしてください。

よく閲覧するサイトを非表示にする方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)