iPhoneからYouTubeの検索履歴を一括削除する方法

スポンサードリンク

「safariを使っているときにYouTubeの検索履歴を一括で削除したい!」

Googleアカウントにログインした状態でsafariやChromeなどブラウザからYouTubeを利用していると検索履歴が残ります。

この検索履歴、個別で削除できても一括削除する方法が分からないという方が多いようです。

 

ここではブラウザからYouTubeを利用しているときに検索履歴を一括で消去する方法を説明していきます。

 
スポンサードリンク

 

公式アプリを使っているときに検索したものも、同じアカウントにログインしているときは記憶されているので注意。

 


 

※現在は当ページで紹介している方法より簡単に履歴を削除できるようになりました。

最新の削除方法は、『safariからYouTubeの検索履歴を一括削除する方法・最新版』をご覧ください。


スポンサードリンク


 

検索履歴を表示する方法 

まずは検索履歴の表示方法を説明しておきます。

Googleアカウントにログインしている状態で左上の赤い『再生アイコン』をタップ。

出てきたメニューから『履歴』をタップ。

IMG_3281

 

再生履歴の一覧が表示される画面で上部のタブから『検索履歴』をタップすれば表示されます。

IMG_3278

 

検索履歴を個別に削除する方法

先ほどの手順で検索履歴の一覧を表示させる。

削除したい検索キーワードの右側にあるアイコン(縦の点3つ)をタップ。

出てきたダイアログから『検索履歴から削除』を選択すればそのキーワードのみ消去できる。

IMG_3279

 

検索履歴を一括削除する方法

YouTubeサイトの左上の『再生アイコン』をタップ。

メニューの一番下にある『PC』をタップする。

IMG_3287

 

するとPC用の表示に切り替わります。

画面下方の『履歴』タップする。
(左上の”三本線アイコン”をタップして出てきたメニューから『履歴』タップでも可)

IMG_3282

 

再生履歴が表示された場合は『検索履歴』タブをタップして検索履歴一覧を表示させる。

『すべての検索履歴をクリア』をタップし、確認ダイアログでも再度タップすれば一括で消去されます。

IMG_3283

 

削除完了したら『モバイル用のYouTubeに戻る』をタップして元の画面に戻しましょう。

IMG_3286

 

最後に

今回は、YouTubeの検索履歴を一括削除する方法を紹介しました。

 

この検索履歴はYouTube特有のものでありGoogleアカウントに紐付けられています。

ですからsafariのキャッシュを削除しても残ったままですので注意してください。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)