iPhoneのYouTube公式アプリで閲覧履歴を残さない方法!

スポンサードリンク

アイフォンのYouTube公式アプリを使って動画を閲覧していて、まだまだ使い勝手が悪いと感じていることが結構あります。

Googleアカウントにログインした状態で利用している場合、今までに閲覧した履歴が残ります。

もう一度あの動画が観たいと思ったときに一覧から選んで再生できる便利な機能なんですが、他人に見られたくない履歴もあります。

記録された履歴をその都度削除するのは面倒くさいんですよね。

 

PC版のYouTubeでは再生履歴を保存しない設定があるので心配いりません。

アイフォンのYouTube公式アプリには見たところそういう設定がありませんが、じつはその問題を解決する方法があります。

 

ここではアイフォンでも動画の閲覧履歴を残さないようにする設定方法を紹介します。


スポンサードリンク

再生履歴に残さない方法

この方法を行なうにはsafariからYouTubeにアクセスする必要があります。

※現バージョンでは仕様が変更になりもっと簡単に履歴を残さぜ閲覧することができるようになりました。

新しい方法は『iPhoneのYouTubeで再生・検索履歴を残さない』をご覧ください。

 

まずはsafariを起動してYouTube公式アプリと同じGoogleアカウントでログインする。

左上の”三本線”をタップし、メニューを表示。

IMG_3113

 

メニューの一番下にある”PC”をタップ。

IMG_3114

 

するとPCから観たときと同じ画面になります。

画面下にある”履歴”をタップ。

(小さく表示されるので、ピンチで拡大してからのほうがタップしやすい)

IMG_3115

 

”再生履歴を一時停止”をタップすれば、公式アプリやsafariからのYouTubeで動画を再生しても履歴に残ることはありません。

解除したい場合は、再度この画面から”再生履歴の記録を再開”をタップしてください。

画面の右下のほうに”モバイル版”というボタンがありますので、タップして元の画面に戻しておきましょう。

IMG_3116

 

スポンサードリンク

履歴を削除するには

すでに保存されてしまっている履歴を消去するのは公式アプリからでも可能です。

すべての履歴を一括で消去する場合は”ゴミ箱”のアイコンから”OK”を選択。

個別で消去するには該当動画の”3つの点”のアイコンから”再生履歴から削除”をタップ。

IMG_3110

 

最後に

今回はiPhoneのYouTube公式アプリで閲覧履歴を残さない方法を紹介しました。

手順が少し面倒ですが、解除するまで履歴に残ることはないので安心です。

ログインしたままで再生履歴に残したくないと思っていた方は参考にしてください。

 


 

YouTube YouTube
価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
※購入前に価格を確認して下さい
iTunesからダウンロード
スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)