iPhone、指紋認証(TouchID)の精度が悪いときの対処法

スポンサードリンク

「アイフォンでロックを解除するとき指紋認証がなかなか認識してくれない!」

うまく使えば何度もパスコードを入力する必要がなくなりすごく便利なアイフォンの指紋認証(TouchID)。

利用している方は多いと思いますが、指紋センサーの精度が悪すぎて困っているという方もおられるようです。

 

ここでは指紋認証の精度が悪いと感じたときの対処法を説明していきます。

ここで紹介する2つの方法で登録して、もっと指紋認証の精度を上げておきましょう。

 

スポンサードリンク

指紋の登録数を減らす

指が汚れていたり傷が付いていると認識しにくくなりますので、別の指でも登録しておくと安心です。

ただ、TouchIDでは最大5個まで指紋の登録数を増やすことが可能となっているものの、登録した指の数が増えると認識するのに時間が掛かる場合があります。

認証が遅いと感じたら、両手親指2ヶ所ぐらいに収めるのがいいでしょう。

 

指紋認証を追加登録する 

『設定』→『TouchIDとパスコード』と進み、パスコードを入力する。

(すでにTouchIDを利用していてもここではパスコードの入力が必要です)

IMG_3677

 

”指紋”の項目にある『指紋を追加...』をタップする。

IMG_3676

 

指紋スキャン画面に切り替わるので、登録をしていない指で登録を進めていく。

IMG_3671

 

スポンサードリンク

指紋認証の登録を削除する

先ほど表示させた登録指紋一覧から消去したい指紋を左にスワイプし、『削除』をタップすれば削除完了です。

IMG_3678

 

※余談ですが、あなたが寝ているときなど気付かない内に、第三者があなたの指を使ってロック解除する恐れも・・・。

とくに浮気をしている方はパートナーに解除されないために分かりにくい場所で登録することをオススメします。

指紋認証は5回エラーが出るとパスコードが必要になるので、とにかく5回で特定されない場所で登録しておきましょう。

150111-0002

 

認識範囲を広げる 

最初に指紋を登録するときにスキャンした範囲が狭すぎると、認証時に少しでも指がズレただけで認証しません。

認識範囲を広げて認証させやすくしましょう。

 

『設定』→『TouchIDとパスコード』と進む。

この画面ですでに登録している指を指紋センサーにかざしている間、リスト内の該当するものがグレー表示されます。

下の画像はホームボタンに右親指をかざしているところです。

(分かりやすいように登録名称を変更しています)

IMG_3680

 

意外と知っている方が少ないようですが、じつはTouchIDは使うたび(認証するたび)に学習して認識率が向上していきます。

普通の使い方をしてると認識率を上げるのに相当時間がかかりますが、この方法で何度も認識させることで効果的に上げられます。

 

さらにここで認識させるときに、少しずつ指をずらしていくことで認識範囲が広がっていきます。

試しに指の先だけで登録したものをずらして認識させていくと、指の先から第二関節まで認証できる範囲を広げることに成功しました。

IMG_3682

 

最後に

今回はアイフォンの指紋認証の精度を上げる登録方法を紹介しました。

認証時に指をかなりずらしても認識してくれるので困ることはなくなるはずです。

一度、お試しください。

 

TouchIDが便利な機能ですが、セキュリティのためにも登録場所をよく考えたほうが良いですよ。

関連記事:寝てる間に指紋認証で解除されなくする方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)