iPhone通信制限(速度制限)とは?低速化のリセットはいつ?

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

通信制限(速度制限)とは?

通信制限(速度制限)というのは、iPhoneで行うモバイルデータ通信の通信速度が制限されることです。

iPhoneでWebサイトを見ている場合や、オンラインゲームなどの通信を行うアプリを使っているとき、動画アプリを使っているときなどには、モバイルデータ通信が行われています。
モバイルデータ通信で使える容量は、キャリアと契約しているプラン毎に『月間○GB』など、データ通信量の上限が決まっています。

上限に達すると、それ以降のモバイルデータ通信が制限されます。
また、月間でのデータ通信量の上限だけではなく短期間に大量のデータ通信を行った場合も一時的に制限される場合があります。
直近3日間でキャリアの決めた基準を超えるデータ通信を行った場合です。

通信制限(速度制限)された場合にどうなるかを毎月1日にデータ通信量のカウントがリセットされるケースから考えてみます。
3GB(3ギガ)のプランで契約しており、その月の20日に上限の3GBに達してしまったとします。
そうするとそれ以降、月末までは通信制限(速度制限)がかかり、インターネットでのページ読み込みなどが大幅に遅くなってしまいます。

モバイルデータ通信の詳しい解説、通信量の節約に関わる設定項目などは下記記事で説明しています。

 

データ容量の目安は、下記のauの質問ページで確認することが出来ます。

参考:1GB or 7GBで利用できる目安|au公式サイト

各キャリア別、通信制限のルールについて

通信制限(速度制限)のルールは契約しているキャリア毎に異なります。
大手3社については、下記のページでルールを確認することが出来ます。

docomo

データ通信量がリセットされる日:毎月1日

直近3日間での通信量による制限:無し

関連:速度制限の解除について|docomo公式サイト

関連:追加チャージについて|docomo公式サイト

au

データ通信量がリセットされる日:毎月1日

直近3日間での通信量による制限:当日を含めないで6GBを超えた場合に制限される場合がある。翌日の13時頃から24時間制限される。

関連:通信制限の解除について|au公式サイト

関連:追加チャージについて|au公式サイト

softbank

データ通信量がリセットされる日:請求締め日により毎月1日か、11日か、21日

※Softbankの請求締め日については少し複雑ですので、詳しくは下記リンク先をご確認下さい。

関連:請求締め日についてのQ&Aページ

 

直近3日間での通信量による制限:過去3日間で約3GBを超えた場合に制限される場合がある。翌日の午前6時から24時間の制限

関連:速度制限の解除について|Softbank

関連:追加チャージについて|Softbank

 

最後に

通信速度が制限されるようになってもテキスト中心のメールなどはほぼ問題なく受送信することが可能です。

しかし、動画アプリやストリーミング配信の利用においては快適性が大きく損なわれます。

キャリアごとに当月のデータ通信量を確認するページやアプリなども用意されていますので、上限に達しないようにWi-Fiなどと併用しながら上手に利用するか、場合によっては契約プランの見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)